2016年09月13日

早期リタイア後のロールモデルについて、ここまで考えている人もいるけれど…

きりんさんのブログより。
図書館にて、蔵書の検索を司書さんにお願いしている間、雑誌コーナーをうろうろしていた。そうすると月刊ビッグトゥモロウという雑誌が「セミリタイアの実際に迫る!」といった特集を表紙で大きく見出しにしてあったので、ページをめくってみた。すると不動産を沢山管理している人、アフィリエイトで生計を立てている2人のセミリタイア者の生活について書かれていた。彼らは不労所得と謳いつつ日々忙しく収益物件の管理に勤しんでおられた。いやそれセミリタイアじゃなくて個人事業主だろ。 というわけで、今回は早期リタイア後のロールモデルについて。ロールモデルという言葉は掴みどころがないので、噛み砕いていうと「まあマシだと思えるい…
giraffyk1.hatenablog.com
で、結論としてやっぱりロールモデルは存在しない。
私の場合、早期リタイア後のロールモデルを探すという発想自体が無かったので、こういうことを緻密に考えている人がいることを知って少し驚きました。

無くて何がそんなに困るんだ、と読んでいる人はほとんど人は感じるのだろうが、30代40代で早期リタイアして平均寿命まで数十年、活動エネルギーがたっぷりある一個の成人が、何の指針も無く生きろ、といわれると当事者としてはかなり当惑する。
私は当惑しませんでしたね。何の指針も無いことは逆に自由度が高くて良いことだと思います。ロールモデルが無くて困ると言うよりは、むしろ無いほうが好ましいのではないかと。

みんなでサッカーをプレイ中にボールを1つ渡されて「あとはグラウンドの外で好きにボール遊び楽しんで良いよ」と言われたような感覚が近いかもしれない。ボールは蹴っても蹴らなくてもいいし、多分手で触っても誰も何も言わない。

 これが話をややこしくする。
手を使ってもいいという新しいルールでサッカーをプレーしてみるのもよし、サッカーボールを使ってキックベースボールやドッジボールを始めてもよし、ボールの上に座って休むもよし。全てを自由に選択できる状況にわくわくする事はあっても、何もややこしい話ではないと思うのですが…。

実際に小学生の頃はこれに近いことを夢中でやっていた記憶があります。野球のルールなんかも狭い公園に合わせて独自に改変したりして、自由な発想で楽しんでいましたね。

強い信念を持って新たな自分だけの判断基準や取り組みを確立する。ロールモデルが無い代わりにこれを行うのが全リタイア者にかせられた課題なのである。
まあ、そう考える人もいるというだけのことで、「全リタイア者に」と書かれてしまうと違和感があります。無駄にハードルを上げすぎでしょう。この記事を読んだ早期リタイア予備軍の皆さんに、早期リタイアってここまで堅苦しく身構えないとできないものなんだ、と思われてしまうと残念至極だと思います。

私の感覚では、リタイアしたら人生の新しいステージが始まるのではなくて、就職してからリタイアするまでの間は一時的に失われていた自分本来の人生のステージに戻ってくるだけの事なんですよね。誰にとっても、全く仕事をしない人生のステージを経験するのは初めてではないのだから、そのステージでどう動いていたのかを少しずつでも思い出せばいいだけじゃないですか。

就職する前は仕事をしない人生に戸惑いながら生きていましたか? 私は夢中で遊んでました。何事にも夢中になる前にあれこれと慎重に考えるのは大人になった証とも言える反面、メンタル面で余計な悩みを抱えることにもなりかねません。良い意味で童心に帰れることも、リタイア適性の一つと言えるかもしれません。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

国民年金保険料追納のご案内

年金事務所からこんな文面のハガキが送られてきました。
国民年金保険料の納付を免除または猶予されていた方へ、保険料追納のお知らせです
(中略)
国民年金保険料の免除、納付猶予および学生納付特例の承認を受けた期間から10年以内であれば、保険料を追納することができます。
私が国民年金保険料を初めて全額免除されたのが2007年なので、今年はちょうど9年後に当たります。10年後である来年までなら追納できますよ、という親切な(?)ご案内のようです。

ツイッター検索をしてみると、このハガキを督促だと勘違いしている人がちらほらと。
もちろん、私の場合は今のところ追納する意思がありませんが、早期リタイアした人が国民年金をどうするか迷っている場合、とりあえず免除を受けておけば、その判断を最大10年までは先延ばしにできることになりますね。その10年の間に制度改悪がどの程度進むのか観察できるのは大きな利点だと思います。そして今後は毎年毎年、10年前の保険料を追納するかどうかの選択権がこちらにあるわけです。

ただし、3年後以降に追納する場合は、免除当時の保険料よりもいくらか高くなります。ざっと計算してみたところ年利0.65%程度で上乗せされています。過去10年間の長期金利よりは低そうですから、けっこう良心的ではないでしょうか。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

幸せなリタイア生活のイメージは人によってこんなに違う

ゆとり隊長さんのツイート
で存在を知った八野むさしさんのリタイアブログに、こんな記事がありました。
「君はさっきからグダグダ言っているが、結局、どうしたらいいんだい?」
そういう質問をぶつけられたら、私はこう答えるでしょう
とにかく最低限、電話でもいいので、人との交流を絶やさないということです
確かによく見聞きする話ではありますね、人との交流や会話が大事だというのは。ただ、どんな事にも言えることですけど、やっぱり本人の性格次第なんです。なので、この回答には「ただし外向的な性格の人に限る。」という条件を付けておきたいですね。

内向的な私に言わせれば、人との交流を絶やしても全く問題ありません。逆に、他人との関わりそれ自体がストレス源になるおそれがあり、無理に外向的に振る舞うよりも孤独でいる方が幸せになれるタイプだと確信しています。

イメージして下さい。昼は愛する恋人とデートをして、夜は同級生などと
飲み歩く毎日を送っていられるとしたら…
そして、それをずーっと続けられる財力があったとしたら…
それこそ「リタイア万歳!人生で今が一番幸せ」って言えるでしょう
ん〜。私ならどんなに財力があっても、こういう毎日を過ごすことは無いでしょう。幸せとはかけ離れた、むしろ苦行のような生活に見えますので…。

このように価値観の異なる人間の生活が奇異に映るのはお互い様でして、内向的な人が家に引きこもって毎日ひとりで黙々と読書やネットをしている姿を想像したら、外向的な人にとってはまさに
「無感情」で覇気がなく、気がつけば「廃人のような生活」を送っていて
のように見えてしまうことでしょう。感情が顔に出ないから無感情に見えるだけで、実際にそうしている本人は「リタイア万歳!人生で今が一番幸せ」って思っていたりするんですけどね。このギャップには驚くばかりです。

自ら、孤独の世界へ行ってはいけません
「いいさ、孤独でも」と今はうそぶけたとしても、何年か後には後悔することになるからです
これも「ただし外向的な性格の人に限る。」ですね。
内向的な私は自ら積極的に孤独の世界へやって来て既に8年ほど、とても幸せなリタイア生活を送っています。今後も後悔する予定はありません。


幸せなリタイアのイメージは十人十色です。早期リタイア予備軍の皆様におかれましては、多種多様なリタイアブログを参考しつつも決して鵜呑みにせず、自らの人生観、幸福観にきちんと向き合った上で判断することをお勧めします。

関連ツイート:
関連記事:
p.131  こうして、だんだんと、アルバイト以外の時間をほぼひとりで過ごすようになっ…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

40年前のワリコーから学ぶインフレリスク

とよぴ〜さんのブログより。
このツイートは、自分が生まれた頃の金融広告なのですが、2016年現在のマイナス金利の時代と40年前の高金利時代とではこうも違うんだなぁ〜という感じです。※債権× 債券○「ちょっとこれ見て!」と夫が差し出した『アサヒグラフ』の裏面広告。おお、債権貯蓄、利率年7.388%!1976(昭和51)年。子ども育てられるわな‥‥。 pic.twitter.com/EizZae8ORH− sawako chimoto (@sawawasawa) 2016年7月19日...
toyop.net
アラフォーの自分にとって生まれた頃の金利は、リスク資産への投資をしなくても定期預金や保険商品の予定利率でも十分に高金利でしたし、現在の金利水準から見たら『羨ましい』の一言ですが、投資環境という面で見たら現在は40年前と比較して見違えるほどの進歩を感じます。
1976年に年利7.388%だったことが話題になっているワリコーですが、本当に「羨ましい」金融商品だったかどうかは名目金利だけではわかりません。

当時のインフレ率を調べてみたところ、1976年は9.4%だったようです。
参考記事:
www.office-onoduka.com

したがって、ワリコーの実質利回りはマイナス2.012%だったことになります。名目利回りに対して課税されることを考慮すればさらに酷い数字になります。平成に入ってからのデフレ時代の普通預金の方が、実質利回りは遥かに高いのが現実です。

さらに直前の3年間(1973〜1975年)のインフレ率が11.7%、23.2%、11.7%という高率で推移してきている点にも注目です。そんなインフレ全盛の時代に、わずか7%やそこらの固定金利の金融商品に手を出そうという人は、かなりの(インフレ)リスクテイカーに見えます。たとえ本人にその自覚が無かったとしても。

こういう時代であっても、いや、こういう高インフレ時代だからこそ、資産を株式で持つことの重要性は高かったんじゃないですかね。

関連記事:
竹本さんのブログより。ゼロ金利!親より貧しい老後生活にな…
koutou-yumin.seesaa.net
この記事にも書いたように、無リスク資産の名目金利がどんなに高くても結局インフレで相殺されてしまい、実質金利が0%を大きく上回ることはありません。(蛇足ながら、1974年のように0%を大きく下回ることは稀にあります)

しかも実質金利の高低は、名目金利の高低との相関が無いようです。したがって、より高い実質リターンを求めるなら、名目金利の高低に関わらずリスク資産への投資は必要になるでしょうし、より低い実質リターンでも構わないという人は、名目金利の高低に関わらずリスク資産への投資は必要無いでしょう。「無リスク資産の名目金利が高ければ高いほど、リスク資産へ投資する必要は無くなっていく」というような相関関係は存在しないと思います。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

ストレスフリーの生活

とれいCさんのツイートより。
この記事で取り上げられている「様々な生き方」の中に、私みたいな早期リタイアした人は含まれていませんでした。もっと認知してほしいとは思わないものの、少し複雑な気持ちになりました。

仕事が最大のストレス源だという人は少なくないと思うので、そういう人は早期リタイアすることによってストレスフリーの生活に向かって大きく前進することが期待できます。私の例だと、無職生活へ移行してから、ストレスを感じることはほぼ皆無になりました。あるかないかを問うならば、ストレスフリーの生活はある、が正解になるでしょう。

ただし、とれいCさんが指摘するように、ストレスの有無は環境面だけでなく性格に依存するところも大きいので、仕事から解放されたからと言って必ずしもストレスフリーになるとは限らないという点には注意が必要です。金銭面では、蓄えた資産の価値が下がったり、リスク資産で運用しなくても貯金が毎年少しずつ減っていくことにストレスを感じる人もいるでしょう。人付き合いの面では、会社という居場所が無くなって孤独感に苛まれる人もいるでしょう。そこは本人の性格次第なので、適性があるかどうかの見極めは必要だと思います。

関連記事:
ブログ開設6周年にコメント下さったretire2kさん、mushoku2006さん、mikeさんありがとうございます。 mikeさんのコメントに次のような質問がありましたので、お答えしたいと思います。 はじめまして。 ブログ楽しく読んでます。 以前はセミリタイアしてて、今は正社員してます。 セミリタイアしていた頃は自由でしたが、将来…
koutou-yumin.seesaa.net
リンク&トラックバック御礼。 資産が目減りする恐怖 - 一日不作一日不食より: 理性としては問題ないとは思っていますが、実際リタイア生活を始めて、資産が目減りするのを目の当たりにしたらどうなるかわかりません。遊民さんの「高等遊民の備忘録」で、「2013年末の資産残高推移」という記事がありましたが、2008年は-37.4%という減少幅を記…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ