2014年02月16日

近視と老視の決定的違いがわかる、7インチタブレットとリモートデスクトップの組合せ

寒い季節にはデスクトップPCの前に座るのが辛くなりますね。
そこで、手持ちのタブレットPCをコタツトップPCにして、家庭内LAN経由でデスクトップ機の画面にアクセスするという方法があります。外付けのBluetoothキーボードやマウスを接続すれば、タブレットPCが簡易ノートPCに早変わりします。

デスクトップPCへのアクセスには、
Splashtop 2 Remote Desktop - Google Play の Android アプリ
を使ってみましたが、解像度1280x800でNexus7の画面に表示すると文字がかなり小さくなってしまい、老眼が進行中の私には虫眼鏡が必要なほどでした。

その一方で、
目にやさしいiPad mini+キーボードのもう一つの使い方 | Step to Next Lifeより:
表示される文字やボタンがかなり小さくなってしまうことが難点ですが、iPad miniの場合は手で持って視点を近づけることができますので、あまり苦になりません。

この使い方をしていて気がついたのは、iPad miniを10〜20cm程度の至近距離まで近づければ、視力0.1以下でメガネが手放せない自分でも、Mac上の文字を肉眼で読めることです。
同じ7インチのiPad miniに表示しても、私とは対照的に「目にやさしい」と感じる人も…。

これが近視老視の決定的な違いなんですよね。
老視が進行すると、文字が小さいからといって画面を至近距離まで近づけるのは逆効果で、ますます見えなくなるんですよこれが。私も自ら老視の症状を体験する前は、近付けるほど見えなくなるとはどういうことなのか、よくわかっていませんでした。

老視の人にとっては、小さい文字を如何に大きく表示するかが重要です。具体的には、もっと解像度を下げて表示できるリモートデスクトップアプリを使う、もっと大画面のタブレットPCを使うなど。

近視や老眼でディスプレイを見るのが辛いと感じている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
ということで、近視と老眼では対処法がまったく異なるので注意が必要です。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

リタイアした人の投資法

「年金の奴隷」から解放されることで、老後の不安をなくす - 内藤忍の公式ブログより:
年金生活を前提にすると、年金の支給額によって自分の老後の生活が縛られることになります。支給が減れば、生活は苦しくなり、インフレになっても、実質的に年金支給額が減るのと同じことが起こります。

国から支給されるお金に縛られながら、ずっと不安なまま大切な人生の最後の時間を過ごす。そんな、悲しい展開から脱却するためには、自らの力で、「年金の奴隷」から解放されるようにすることです。
賛成です。
特に年金支給開始まで20年以上待たねばならない40代以下の世代にとって、現行制度のような大盤振る舞いの年金収入を計算に入れることは、できるだけ避けたほうがよいと思います。

やや挑発的ですが「年金の奴隷」という言葉が、国の制度に依存するリスクをうまく表現できています。

しかし、良記事の期待が高まったのも束の間、その後の展開がぶっ飛んでます。
リタイアした人は、値上がりを目的とした投資ではなく、継続的なインカム収入を目的とした投資をしなければならないのです。
えぇっ?
継続的なインカム収入を目的とした投資をしなければならない!? 
まったくそんなことは無く、値上がり目的の投資をしても、あるいは投資自体をしなくても一向に構わないと思うのですが。
残念ながらこの記事にその理由は書かれていません。続きはセミナーで、ってことなんでしょうけど…。

リタイアするまでに、複数の不動産を保有しておく。これが「年金の奴隷」から解放されるための方法だと思います。
えぇっ?
現物の不動産に集中投資ですか!?
ますますあり得ません…。

以前内藤氏の本『預金じゃイヤだけど投資はコワい ボクの“負けない”人生戦略』 内藤 忍 (著)を読んだ時点での彼のイメージからすると、最近になって唐突にワイン投資や不動産投資の話が出てきたように見えるので、かなり頭が混乱しますね。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ