2008年06月15日

「サラリーマン債券」は債券ではない

昨日の記事で紹介した『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』では、安定した給与収入を生み出す自分自身という人的資本を、1億円程度の現在価値をもつ「サラリーマン債券」とみなす考え方が出てきます。

確かに面白い考え方だとは思いますが、一晩考えた結果、私はこれは誤りであるとの結論に至りました。

なぜなら、金融資産としての債券の場合、保有して寝ているだけで、元本を消費することなくリターンを生み続ける(お金が働いてくれる)という性質があるのに対し、「サラリーマン債券」がリターンを生むためには、自分自身の労働力を消費することが必要不可欠だからです。当然、一度消費した労働力を返還してもらうことはできません。

さらに、「サラリーマン債券」は、定年を迎えると同時に元本の価値が消滅するという特異な性質をもっています。

結局のところサラリーマンは、自身が持っている労働力や時間という有限のリソースを、会社のために消費するのと引き換えに給与収入を得ているだけであって、これは債券がリターンを生む仕組みとは根本的に異なります。サラリーマンに限らず、すべての労働者について同じことが言えます。

以上の理由から、人的資本を債券とみなすことは不適切だと思った次第です。不適切な前提から導き出された「貧乏投資家の法則」が極端すぎて受け入れがたいのも頷けます。

追記。参考記事。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(6) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
労働を債券とみなせるかとは別に「生涯年収が3億円だから3億円の人的資本がある」との橘氏の主張は、人的資本の過剰評価だと思います。企業の価値は売上ではなく利益で評価するように、人的資本も生涯年収から生涯生活コストを引いた値を現在価値に割り引いて考えるべきと考えます。
Posted by 吉村 at 2011年03月10日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『投資戦略の発想法〈2008〉』
Excerpt: PALCOMの海外投資塾: ボラティリティーの増大について その1 の中で投資戦略の発想法にも、1998年以降、日経平均のボラティリティーの水準が上がっていることを示す図が記載されています。と書か..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2008-12-09 16:41

中心に置くべきは資産か?収入か?
Excerpt: 再びうさみみさんのブログからネタを拝借します。 半年以上前の記事になりますが、最近の記事からリンクされていた「中心に置くべきは資産か?収入か?(その2)」という記事を読んで考えたことを書いてみます。 ..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2009-02-24 17:34

手間をかけてもお金は増えない
Excerpt: 銀座なみきFP事務所|■手間をかけずにお金を増やせるか より:人間には、多少の才能の違いや努力の程度はあるでしょうから、 人によって、それらの対価として得られるお金の量にある程度の 多寡はでてくるかも..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2009-07-28 16:19

『臆病者のための億万長者入門』 橘 玲(著) その1
Excerpt: 図書館で予約してから数ヶ月待ちでやっと回ってきました。 「はじめに」から引用。資産運用は金儲けの手段ではなく、人生における経済的なリスクを管理するためにある。その通りです。 ネット上でも時々「..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2015-01-12 20:01

生涯現役は最弱の人生設計
Excerpt: 橘玲公式サイトより。 アベノミクスがコケても大丈夫! 臆病者のための「資産防衛術」2016〈週刊文春〉 | 橘玲 公式サイトwww.tachibana-akira.com週刊誌の記事なので長文ですが、..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-02-23 23:25

早期リタイアを目指してるのに実際には仕事を辞めないって、意味なくない?
Excerpt: ちゅり男さんのブログより。早期リタイアを目指して投資に励むのはいいけど、実際には仕事は辞めない方がいいと思う - 神経内科医ちゅり男のブログこんにちは。 自分がブログをやり始めてから、必然的に他の人の..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2017-04-25 19:01


ブログパーツ