2009年11月25日

『リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理』



9.11のテロ後1年間、恐怖に駆られて移動手段を(より安全な)飛行機から(より危険な)車へシフトした米国人が増え、その結果命を落とした人は1,595人に上ると推定されるとか。つまり、
彼らの愛するものたちを奪ったのは恐怖だった。
のです。
すべての人の脳は一つではなく二つの思考システムを有している。
(中略)
 システム・ツーが理性である。それはゆっくり動く。それは証拠を調べる。それは計算を行い熟考する。理性が決定を下すとき、言葉にして説明することは容易である。
 システム・ワンの感情はまったく異なる。理性とは違って意識的に認識することなく動き、稲妻と同じくらい速い。感情は、予感や直感として、あるいは不安や心配、恐れなどの情緒として経験する即座の判断の源泉である。感情から生まれる決定は言葉で説明することが難しい。あるいは、不可能でさえある。なぜそのように感じるかはわからない。ただそう感じるだけである。
本書ではシステム・ワンを「腹」、システム・ツーを「頭」と呼びます。
腹=原始人
頭=聡明だが怠け者のティーンエージャー
という例えが面白いです。

「腹」が無意識、直感的に下す判断はしばしば誤っていて、例えば、
強い感情に駆られると、人は簡単に「確率盲目」になる。強い感情は簡単に確率の数字を取り去る。
(中略)
皮肉なことに確率盲目自体が危険である。確率盲目によって人はリスクに対して簡単に過剰に振る舞い、愚かなことを仕出かす。たとえば、テロリストが4機ハイジャックしたからといって飛行機による移動を放棄したりする。

我々は、「腹」の判断を「頭」が修正することを妨げるさまざまな要因に囲まれて生きていて、その一例がマスメディアの
稀なことを日常的に、日常的なことを稀に報道するという習慣
であったりします。
 直感の誤りを正す第一段階は、科学的過程に対してまっとうな敬意を示すことでなければならない。(中略)
科学的過程は、決して完璧な過程ではない。いらいらさせるほどゆっくりとしているし、間違いを犯すこともある。しかし、人間が現実を理解するために用いてきたほかのどんな方法よりはるかに優れている。
 リスクを理性的に取り扱う次の段階は、リスクが避けられないことを受け入れることである。(中略)
リスクがかかわる問題において、存在するのは安全の度合いだけである。
確かに、以上の2点を軽視あるいは無視した議論が世の中に多すぎるような気がします。
確率は、リスクを取り扱うとき常に重要である。(中略)
人類が直面している最大のリスクは核によるテロではない。惑星を消滅させる規模の小惑星や彗星との衝突である。そういった出来事によって生じる可能性のある破壊の大きさだけを考慮し、起きる確率を無視するとしたら、小惑星や彗星が貫通できない、地球を取り囲む巨大な防御システムの建設に何兆ドルもつぎ込むことになるだろう。
程度の差はありますが、これと同様の馬鹿げた話が、現実に環境問題や食の安全などの分野に起こっています。
私たちにできるのは「腹」がどのように働くか、どのようにときどき過ちを犯すかを理解することである。(中略)
「腹」はよくできているが完璧ではなく、これがリスクを誤って理解すると、人は愚かな結論に達することがある。(中略)
自分自身をいわれのない恐怖から守るため、「頭」を目覚めさせ、仕事をしろと言わなくてはいけない。私たちは一生懸命考えるようにならなくてはいけない。
その通りですね。聡明なティーンエージャーにもっと働いてもらいましょう。
本書にはそのための知恵が満載されています。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(9) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133877100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語』 その2
Excerpt: 『知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語』 その1 の続きです。 今回のテーマは生命保険。 生命保険というものは、身も蓋もない言い方をするならば、宝くじの一種である。(略) さらに、一般の..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2010-01-29 12:24

『経済は感情で動く―― はじめての行動経済学』 マッテオ モッテルリーニ (著)
Excerpt: 手持ちの本がなくてしばらく読書から離れていましたが、図書館で予約していた本がどっさり回ってきたので一気に忙しくなりそうです。 過去に 『行動経済学』 『予想どおりに不合理』 『リスクにあなたは騙..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2010-04-20 13:46

『節約の王道』 林 望(著)
Excerpt: 本書の要約として最適な記述が後書きの中にあります。 ほんとうに、こういう生活は合理的なのか、理性的で文化的なのであるか、果たしてどこか間違っているところはないのか、自分の身の丈にあった生活をしてい..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2010-07-18 20:56

お金があれば早期リタイアするか?
Excerpt: もちろんリタイアします。というか、しました。 お金があれば隠居しますか? 【 カウンターゲーム 】より:将来への金銭的な「不安」や社会から離れるような感覚の「不安」・・・こういうモノがリタイヤ後の生..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2010-09-13 23:59

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』橘 玲 (著) その1
Excerpt: 序章で、私も先月読んだばかりの『勝間さん、努力で幸せになれますか』などに見られる勝間vs香山のバトルについて、勝間×香山論争は、それだけを読んでもじつはあまり面白くない。二人の議論がほとんど噛み合..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2011-03-10 18:01

資産が目減りする恐怖との付き合い方
Excerpt: リンク&トラックバック御礼。 資産が目減りする恐怖 - 一日不作一日不食より: 理性としては問題ないとは思っていますが、実際リタイア生活を始めて、資産が目減りするのを目の当たりにしたらどうなるかわかり..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2014-03-01 09:06

リタイアに型というものがあるならば
Excerpt: さいもんさんのブログにこんな記事がありました。 資産取り崩し型のリタイアについて│ひとり配当金生活(予定):リタイア後の資産残高推移について、年々減少していく資産取り崩し型、配当金や年金、節約などで収..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2014-10-13 13:01

速い思考と遅い思考
Excerpt: Rootportさんのブログにこんな記事がありました。 あの人がいつも間違ったことを言う理由。/ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』感想 - デマこい! この本は未読ですが、類似の本を何冊か読ん..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-01-23 00:14

リタイア後に「安心」を追求する危険性
Excerpt: 内藤忍公式ブログより。 老後に必要なのは「1億円」ではなく「キャッシュフロー」www.shinoby.net「老後に安心できる生活をするためにはいくら必要?」というのはお金に関する定番の質問です。仮..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2017-02-15 21:43


ブログパーツ