2010年06月29日

人生の前半では時間を売り、後半では時間を買う

前回の記事とよく似たことが書かれている記事がありました。

誠 Biz.ID:結果を出して定時に帰る時短仕事術:人生の前半では時間を売り、後半では時間を買う
年を重ねてアルバイトをやったり、就職して会社に入ると、少しずつ自分が管理できるお金が増えていきます。結婚や家を買う、子供が生まれるなど人生のイベントに応じてお金は増えたり、減ったりしますが、基本的に定年などでリタイヤするまでは、金融資産は増えていく傾向でしょう。

 一方、持ち時間は生まれた時に最大値で、死ぬ時にはゼロになるため、右肩下がりで減少していきます。お金と違って運用によって増やすこともできませんし、努力によって、その減少を食い止めることもできません。代替のない貴重な天然資源のような存在なのです。

お金と時間のグラフ.JPG

前回私が書いたようなことは、まだ若い人にはなかなかピンと来ないところがあるかもしれませんけど、こうやって図で見ると少しは実感を伴ってくるのではないでしょうか?

私がこの図を見て感じたことは、
・60歳リタイアだと、リタイア後に残された時間は78歳までの18年間しかないこと。
・78歳の時点で残っているお金が多すぎる。120歳まで生きるつもりなのか?
の2点です。

人生の前半は時間は潤沢だが、お金がない状態。したがって、自分の時間を時間がない他人に売って、他人のお金を得るという状態です。

 しかし、お金に多少余裕が出てくる頃には、時間を使いすぎて、残り時間が減ってきます。ここでは、お金を払ってでも、なるべく自分の時間消費を抑えなければなりません。人生の後半では、時間が最重要資源になりますので、時間を有効活用するためには、お金や努力を惜しんではいけないのです。
この「お金で時間を買う」というのは、仕事術という範疇においてはアウトソーシングしたり他人の労働力を使って自分の負荷を減らすことですが、もう少し範囲を広げて「労働収入というお金を放棄する(または減らす)ことと引き換えに自由時間を手に入れる」ことも含んでいると考えられます。

誠 Biz.ID:結果を出して定時に帰る時短仕事術:残された時間を価値あるものに:
減る一方の残り時間を意識する時に、一番考えなければならないのは、時間の長さではなく、自分にとっての価値です。自分にとって価値のあることに時間を投資しなければまったく意味はありません。
確かに。
でも自分にとって価値のあることとは何かを考えるためには、自由時間の長さもある程度重要だと私は思います。
闇雲に仕事をやって、忙しさでまやかしの充実感を味わっている場合ではないのです。
本当に仕事そのものが好きで、お金を抜きにしても自分にとって価値があると思える人なら、仕事の忙しさは本物の充実感になり得るでしょう。他人から見て何が楽しいのだろうと思える人生でも、その人なりの幸福を追求した結果であれば何も言うことはありません。


記事の抜粋元の本。


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝読しております。前の記事も含め、いたく共感いたしている次第です。
恐縮ながら、こちらのブログで紹介させていただきました。
http://ameblo.jp/hirojimu/entry-10583853916.html
不適切でしたら削除いたしますので、その際はご一方下さいますと幸いです。
今後も勉強させていただきます。
Posted by hiromi at 2010年07月07日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154865634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『やりくり上手な賢い夫婦、お金が残らない残念な夫婦 ~なぜ、夫婦で年収800万でもお金が足りなくなるのか?』 中桐 啓貴 (著)  その3
Excerpt: 昨日の記事の続きです。 第6章 あこがれの早期リタイアをリアルに思い描く 1 経済的自由を手に入れる (中略) 残りの人生、お金の心配が一切ない状態で暮らせる体制が整ったという意味です。より専門..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2011-11-30 15:02

『40歳からのリアル』 人生戦略会議 (著)
Excerpt: 人生戦略会議さんの著書を読んだのは、『35歳からのお金のリアル』以来2冊目です。 前作同様、ブログネタ的には美味しい内容を含んではいるものの、共感できるところはほとんどありません。正直、読んでいて..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2013-08-03 16:31

リタイアに型というものがあるならば
Excerpt: さいもんさんのブログにこんな記事がありました。 資産取り崩し型のリタイアについて│ひとり配当金生活(予定):リタイア後の資産残高推移について、年々減少していく資産取り崩し型、配当金や年金、節約などで収..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2014-10-13 13:01

早期リタイア失敗事例として紹介されている記事を読んで思うこと
Excerpt: NightWalkerさんのブログより。 アーリーリタイヤ、いくつかのチェック項目 - NightWalker's Investment BlogYomiuri Online 社会保険労務士 田北百樹..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-11-01 19:00

早期リタイアを目指してるのに実際には仕事を辞めないって、意味なくない?
Excerpt: ちゅり男さんのブログより。早期リタイアを目指して投資に励むのはいいけど、実際には仕事は辞めない方がいいと思う - 神経内科医ちゅり男のブログこんにちは。 自分がブログをやり始めてから、必然的に他の人の..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2017-04-25 19:01


ブログパーツ