2014年06月23日

早期リタイアと孤独

ブログ開設6周年にコメント下さったretire2kさん、mushoku2006さん、mikeさんありがとうございます。

mikeさんのコメントに次のような質問がありましたので、お答えしたいと思います。
はじめまして。
ブログ楽しく読んでます。
以前はセミリタイアしてて、今は正社員してます。

セミリタイアしていた頃は自由でしたが、将来がどことなく不安でした。
ですが、ストレスはほぼ0でした。
ただ、大学の同級生などと飲み会があるとセミリタイアしていることを悪く言われることが多く、自然と疎遠になってしまいました。

今は正社員で安定していますが、自由はありません。
ストレスフルで出費も多くなりがちです。
会社の同僚との飲み会はストレスフルです。

質問なのですが、遊民さんがリアルに親しくしている人は同じ価値観の人なのでしょうか?
セミリタイア時に感じた寂しさの一つは、居場所のなさ(同じ目線で話し合える人がいない)ということだからです。
孤独に耐えられるスキルがある人がアーリーリタイア向きだということですかね・・・

私もたまに高校や大学の同窓会に出て二十数年ぶりに同窓生と顔を合わせることがありますが、悪く言われたことは無いですね。いや、私が鈍くて気付いていないだけかもしれませんけど。
もちろん、たとえ親しい同窓生と言えども、
「お金が十分あるから早期リタイアして毎日ぶらぶらしているんだよ」
などと正直に告白したりはしません。そんなことを言おうものなら、いくらあるんだとか根掘り葉掘り訊かれてややこしいことになりますから。

ご質問への回答ですが、私がリアルに親しくしている人の中に、私と同じ価値観の人はいないと思われます。そのこと自体には何の問題もありません。
なぜなら私は、価値観は人それぞれ違っていて当たり前という前提を受け入れているからです。リアルで親しい人間という非常に狭い範囲の中に自分と同じ価値観の人間が存在するとしたら、それは奇跡的なことだと思います。

問題があるとすれば、そのような価値観の多様性を認めず、多数派への同調圧力をかけてくるような輩ですね。mikeさんの生き方を悪く言う人はそういう人間なのではありませんか?
幸い、私の回りにはそのような輩は存在しません。いや、私が鈍くて気付いていないだけかもしれませんけど。もしかすると、そのような輩に出くわしたとしても、敏感に匂いを嗅ぎ分けて無意識にスルーして関わらないようにしているのかもしれません。

いずれにせよ、毎日忙しく旧来のライフスタイルを続けている多くの同窓生たちとはそもそも時間が合わないので、だんだん疎遠になるのはやむをえないでしょう。

私のような性格だと、居場所がない寂しさというのを正直まったく感じないのです。「孤独」というのも全然ネガティブな言葉ではなく、むしろ積極的に孤独になることを求めるタイプです。孤独でいるほうが自由だし、下らないおしゃべりに邪魔されずに好きなだけ沈思黙考できるじゃないですか。私にとって人付き合いはちょっとしたスパイスに過ぎません。適度に振りかければ料理が少し美味しくなるけれども、まったく振りかけなかったとしても普通に食べられます。こういう性格の方が早期リタイアに向いていることは間違いないと思います。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は自分の生活振りについて、周囲のリアルで(昔から)付き合いのある友人知人親戚などに、素直に語っていますが、やはり同じ価値観の人はいませんねえ・・・・・・。
その代わりといってはアレですけど、ブログなどを通じて、同じような価値観の人と交流し、更にそういう方々とリアルでも付き合うようにしています。
Posted by mushoku2006 at 2014年06月23日 08:50
はじめまして。いつもお邪魔してます。
当方40後半でセミリタイヤ、4年目、妻子あり、自分動かず、
不動産・金融資産に働いてもらい、
今更他人と協働するつもりサラサラありません。
同世代周辺で価値観同ずる人出会いません。
もっともこの生活他人にペラペラ言うもんじゃありませんし、
人との交流それなりにありますが、
深く付き合うことしない、知り合い程度の友人何人いても仕方なく、時間金無駄。
その時間で読書、映画、ピアノと存分楽しみます。
旧友2,3人年に1,2回会うかで十分。
自分は文才なく自分ブログに憧れるが、無理と極め、
人様のところにお邪魔して価値観共有させてもらってます。
Posted by YM at 2014年06月24日 09:15
はじめまして。
興味深くこのブログを拝見しております。
私は昨年早期退職に応じたものです。
最初は早期退職が実現できて本当に嬉しかったです。通勤地獄や上司からの怒声、同僚との競争、社畜生活から開放されたと。
ただ、だんだんその喜びが当たり前になってきて最近は逆に孤独感や寂しさを若干感じるようになりました。
しかし、いまだに日本の奴隷ブラック企業体制が30年前から変わらず続き、ますます酷くなっていることにはあきれています。
口には出しませんが、一般の日本人はよく大事な一回の人生を単なる仕事のために捧げることができるなと不思議に感じます。
また、資本家や政治家に洗脳されているのではと逆に哀れに感じるくらいです。北朝鮮のことを笑えません。この労働や苦労をしなければ一人前と認めない価値観は昔から全然同意できません。夕食すら一緒にできない父親不在の家庭や狭くて遠い住宅ローンのために大事な人生の時間を費やすなんておかしいと思います。
欧米の価値観がすべて正しいとは言いませんが労働時間や労働環境に関しては日本は異常だと思います。
最近は価値観の近い新しい友人をつくろうかと活動を始めています。
Posted by Ryouta at 2014年10月19日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399984691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その5
Excerpt: p.131  こうして、だんだんと、アルバイト以外の時間をほぼひとりで過ごすようになっていきました。  もともと自分といるのが快適なので、私にとってはとても自然なことだったのでしょう。  ひとりで..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2015-11-21 08:51

ストレスフリーの生活
Excerpt: とれいCさんのツイートより。どこに居ても悩む奴は悩むし、悩まん奴はびっくりするぐらい何も悩んでない。ネットには悩みと自己啓発が集まりやすいけど、リアルには脳天気な人いっぱいいるし職業関係ないよ。 / ..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-07-20 00:25

『ひとりぼっちを笑うな』 蛭子能収(著)
Excerpt: 悪い意味で期待を裏切られた本でした。 タイトルだけ見れば、蛭子さんも私と同じく孤独をこよなく愛する人なんだろうと想像してしまいますが、「おわりに」の直前にはこんなことが書いてあります。..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2017-04-11 18:38


ブログパーツ