2014年10月18日

老後不安をどう考えるか

前回の記事、リタイアに型というものがあるならばに次のようなコメントがありました:
人間には寿命があるのですが、その寿命がいつ尽きるのかは誰にも分からないのが問題なのでしょう。
自分はいつ死ぬか分からない。
しかし、資産は確実に減っていく。
寿命が尽きる前に資産が尽きてしまったら、その時点で生きていけなくなる。
「寿命がいつ尽きるのかは誰にも分からない」について。
「わからない」の程度にも、皆目見当がつかないものから平均値や確率分布はわかっているものまで色々あって、人間の寿命については後者です。50年後の人口分布がかなり正確に予測できるのはこの性質によるものでしょう。たとえば未来の株式指数の確率分布は分散が大きいので、30年後ですら正確に予測することは困難です。そういう種類のわからなさと比較すれば、「寿命がいつ尽きるのかは、大体の範囲と確率はわかっている」とも言えます。

「寿命が尽きる前に資産が尽きてしまったら、その時点で生きていけなくなる」について。
そうとは限りません。現在資産がない老人も普通に(年金で)生きています。将来は資産がなければ生きていけない世の中になっているというのは一つの悲観的な未来予想図だと思いますが、当たる保証はありません。

もう一つ、「資産が尽きる」という事象は、ある日気付いたら突然訪れるというものではありません。そうなる以前に、あとX年で資産が尽きそうだという状態を必ず経由します。そのX年と自分の余命を比較して、何らかの手を打つ猶予があるということです。その間にBライフや外こもりなど、知恵を使って生活コストを抑え、資産が尽きるのを遅らせる余地は残っていると思います。

タイムリーなことに、老後不安について次のような記事を見かけました。
「老後不安」と資産運用|山崎元のマルチスコープ|ダイヤモンド・オンライン
特に、老後不安については、定年退職までに十分な資産がないと「老後難民」になる、などと脅かされると、心配がどんどん膨らんで来る。普通の人には過剰な想像力があるので、不安がゼロになることはほとんどない。
そうですね。
不安があるからといってそれを消す方向に向かって努力するのではなく、不安が消えない事実を受け入れ、うまく付き合っていく方が、限られた人生の時間を無駄にせずに済むと思います。

稼ぎがゼロの前提で、老後の生活を現役時代と同様の水準で確保するためには、年金をあてにしないとすると、今後の運用益を考えても少なくとも年間支出額の20年分くらいの蓄えが必要だろうが、これは通常の人の現役時代の運用額では、よほどの高利回りがないと無理だ。
60歳の時点で20年分の生活費を残すことは、早期リタイア志向の人にとってはごく控えめな目標に過ぎません。それを無理と言ってしまうということは、山崎氏の生活レベルが相当高いのでしょうね。

たとえばリタイア後から25年生きるとして(65歳でリタイアなら90歳まで)300ヵ月となるが、自分の純資産額を300で割り算してみよう。ちなみに、95歳まで考える人は360で、100歳まで考える人は420で割り算するといい(筆者は360で考えている)。

こうして求められた金額が、リタイア後に毎月取り崩していい金額だ。
早期リタイアの場合も基本的な考え方は同じです。分母が300や360ではなくもっと大きい数字になるという違いがあるだけで、想定する余命が長いからといって資産を取り崩すことを忌避する理由はありません。

生活レベルが変わることはあるとしても、「暮らせない」という心配は案外小さいのではないか。「老後」を事前に怖がりすぎるのは考えものだと思う。
同感です。
今の生活レベルが既に最低限でこれ以上下げることができないという感覚は単なる思い込みに過ぎず、使えるお金が少ないなら少ないなりに、何とかする知恵や手段はあるだろうと思います。今から老後の心配ばかりしていては、まだ老後でない今の人生を楽しく暮らせないのではないでしょうか。

関連記事: 『未来の働き方を考えよう』 ちきりん(著) その1

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(2) | TrackBack(5) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の拙いコメントを取り上げていただき、ありがとうございます。

遊民さんの言っていることは正しいと思います。
しかし、問題は今現在老後不安に直面している高齢者に、こういう考えができていないことです。
そして、こういう考え方を学ぶこともできないでしょう。
資産運用とか、あとどのくらいお金が必要だとかの計算は高齢者にはおそらく無理でしょう。

そして、大概の中高年、若年層にも金融リテラシーを身に付けていないので、こういう考えはできないでしょう。

彼らは不安だけを際限なく募らせていき、証券会社や銀行の餌食にされていくと思います。
Posted by 見知らぬ男 at 2014年10月19日 10:07
『HANAKOの銀髪 東奔西走リタイア対策大作戦』というプログを始めた「銀髪」と申します。この度、トラックバックをさせていただきました。ブログ初心者で、きちんとマナーが守れているか心配しながらという状況です。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 銀髪 at 2016年02月16日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

早期リタイア後もインデックス運用を継続中
Excerpt: さいもんさんのブログより。 早期リタイア達成者がインデックス投資を続ける危険性│ひとり配当金生活:例えば積み立て型のインデックス投資家が資産形成に成功して早期リタイア達成したとして、その後もインデック..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2015-04-27 17:39

長生きリスクと早死にリスク
Excerpt: cubさんのブログより。 無職への道 40代で一区切り: 健康寿命はあなたが思っているよりずっと短いですよ 大体、男性で70代前半 簡易生命表から自分の寿命を考えよう 最近は老後破綻やら下流老人などぶ..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2015-09-12 23:17

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その9
Excerpt: p.198  ある程度の貯金があってこそ、隠居も屈託なく楽しめるってもんです。  基本的には明日死んでもいいように生きるけど、死ななかったときのためにもしっかり蓄えておきたいところ。「ある程度の貯..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2015-11-29 00:07

 なんか、現実にきちんと向き合いたくないから、継続雇用を希望してない?(続き)
Excerpt:  勝手にそう思っていただけなのだが、似たようなライフスタイルから資産形成について「同志」、「心の友」と認定していた部下が、定年退職後、継続雇用を希望すると言う。彼は、総資産が1億円ぐらいあると予想して..
Weblog: HANAKOの銀髪 東奔西走リタイア対策大作戦
Tracked: 2016-02-16 08:35

生涯現役は最弱の人生設計
Excerpt: 橘玲公式サイトより。 アベノミクスがコケても大丈夫! 臆病者のための「資産防衛術」2016〈週刊文春〉 | 橘玲 公式サイトwww.tachibana-akira.com週刊誌の記事なので長文ですが、..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-02-23 23:45


ブログパーツ