2015年11月13日

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その1



20代から既に安定した隠居生活に入った大原扁理さんの本です。

考え方はphaさんと似ている部分もありますが、ライフスタイルはかなり違いますね。大まかなイメージとしては山崎寿人さんの生活をもっとストイックにした感じでしょうか。野草の調理法がイラスト付きで丁寧に書かれているのには驚きました。文字通りの「草食男子」の登場です。

週2日は介護の仕事で月収7〜8万円とのこと。知る人ぞ知る理想の年収に収まってそう。

p.4
 ところで私は、どこにでもいるフツーの人と同じで、ITや株などの特殊能力も持ち合わせていないし、宝くじが当たったこともないし、親の遺産もありません。不労所得はゼロです。
 それでも隠居できちゃったんですから、自分が一番びっくりしています。
私もこの条件をすべて満たすどこにでもいるフツーの人ですが、40代でやっと隠居できましたと言ったところで誰も驚いてくれません。
しかしこれが20代でとなるとさすがに衝撃的ですね。

p.4-5
たまに人に会う機会があったりして、「何してるんですか?」とか聞かれるとすご〜く困る。
(中略)
「週休5日みたいな感じなので、わりと遊んで暮らしています」とか、「とくに言うほどのことは何もしてません」などと気分で答えたりするので、聞くたびに答えが変わってる……ということになり、結局、「何してるか得体の知れない人」という印象を与えてしまうようです。
 私としては、嘘をついているつもりはないのですが。
 そのときの反応は十人十色です。
 何かを察知してそれ以上触れず、話題を変えてくれる上品な人、さりげなくもっと突っ込んでくる下品な人、見下すような目つきをする人など、いろいろいます。
分かります。
私も「早期リタイアして毎日遊んで暮らしています」とは正直に答えにくいので、いつも適当にお茶を濁しています。

確かに答えにくい質問ではあるのですが、相手の価値観次第で多様な反応が観察できるという意味では、ある種のリトマス試験紙の役割を果たしてくれるQ&Aなのかな、という気もします。こちらが世間体の良い職業に就いていないと見るや、見下してきたり哀れんでくるような相手ならば、付き合っても毒にしかならないと思いますね。

p.5
「お前みたいなのがいるから国力が衰退するんだよ」といった内容のことを、キレ気味に言われることもあります。
うーむ、これは酷い。
いわゆる天然全体主義者ってやつでしょうか。参考ツイート。

幸い私はこういう人と現実に関わったことはありませんが、不幸にも関わってしまった場合は速やかに繋がりを断ち切るのが吉ですね。

(つづく)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429511607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた』 ITTIN (著) その2
Excerpt: p.50-51 「老後や貯金のために生きてるの?」 という、要は「若い時に貯金することが機会の損失になっている」ことを危惧する意見があります。「貯金」とは「機会損失」か?という疑問に対して、私は必..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2017-01-12 00:23


ブログパーツ