2015年12月24日

1億総クレクレ社会へ向かう日本

東京都議会議員おときた氏の公式サイトにこんな記事がありました。

【メモ】3人目以降の保育無料←1人目から無料にした方がいいんじゃ… | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト
保育士不足の解消策といい、どうにも政府がいま打ってくる手は
すべて的はずれなもののように思えてなりません。
その通りです。
保育士不足の件で言えば、問題の原因は政府の市場介入と規制なのだから、政府がそれをやめれば市場メカニズムによって需給が釣り合うのに、180度逆に政府がさらに「対策」とやらを上塗りして何かを改善したつもりになっているところとか。

バターの「緊急輸入」とまるで同じ構造のマッチポンプですよ。省庁が違っても日本政府のやることはワンパターンでわかりやすいですね。
関連記事: バターはどこへ消えた?

さて、彼の記事で触れている毎日新聞の元記事を見てみましょう。
<子ども貧困対策>保育無料を拡大…3人目以降一律 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
今回の支援策では、子どもが3人以上いる年収約360万円未満の世帯は兄弟の年齢にかかわらず2人目は半額、3人目以降を無料とする。幼稚園にも同様に適用する。住民税非課税のひとり親家庭は保育料を第1子、第2子ともに無料化する。
なんだ、住民税非課税のひとり親なら1人目から無料って書いてるじゃないですか。
ということは、彼の主張は、その条件を満たさなくても年収360万円未満の世帯なら、ケチくさいこと言わずに1人目から無料にしろということなんでしょう。

おときた氏の記事に戻りますと、
それが財源がないから、という身も蓋もない理由だとすれば、
軽減税率やバラマキ政策を改めて見なおして欲しいと強く思います。
とのことですので、要するに「老年世代へのバラマキではなくて、子育て世代へのバラマキをやれ」という主張にしか見えないのですが…。

年収360円未満の世帯だけが対象だからバラマキではないと?
いや、年金世代向けの臨時福祉給付金だって住民税非課税世帯だけが対象ですけど、それをバラマキだと批判しているのではないのですか?

私に言わせれば両者とも完全にバラマキですよ。なぜか子育て世代へのバラマキなら許されると思っている人が多いようですが、所詮は同じ穴のムジナです。「少子化対策!」と書かれた錦の御旗を振りかざしている分だけ、なにやら社会正義の実現のために戦っているように錯覚しているだけのことで。やっていることは何の変哲もないクレクレ行為でしかありません。

結局、政府が税金を使って福祉を充実しようとすればするほど、こういう不毛なクレクレ合戦になるという典型を見ているように思います。
「そのカネをあいつらではなく俺たちによこせ!」「カネが足りない? 誰かから奪えばいいだろ!」
という風に、誰から奪って誰に与えるべきだという卑しい争いを際限なく続けることになるでしょう。

関連ツイート。


ほんとその通りですね。大多数の国民がたかり根性なので、たかり行為がどんどん正当化、合法化される国になってしまったわけです。民主主義の原理から、そうなるのは必然です。
そして、社会のシステムがたかり行為に最適化されればされるほど、個人の戦略としてもたかられる側ではなくたかる側に回るのが合理的になるという悪循環。これが急に逆回転を始めて、たかり行為が縮小していく日本の姿が全く想像できません、残念ながら。

日本の行く末は、1億総活躍どころか1億総クレクレ社会になるのではないかと危惧しています。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本社会の病名は「超少子化」ではなく「社会保障依存症」
Excerpt: 先日ツイッターでコメントしたこの記事について。 病名は「超少子化」ではなく「社会保障依存症」が正しい。誤診に基づく処方箋は逆効果。制度の破綻は社会の破綻ではない。“日本は、死に至る病にかかっている。超..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-06-26 23:22

「○○は負債だから他人に負担を押し付けよう」という発想は恐ろしい
Excerpt: AKIさんのブログより。やっぱり「子供は負債」だろ : 成長株で億万長者先日書いたお金持ちになりたいなら子供は作るな!がツイッター上を賑わせてしまったようです。どうも皆さんが「子供は負債」という言葉に..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-11-29 20:51


ブログパーツ