2016年01月20日

死ぬほど嫌いな奴が億万長者になったら…

ツイッターを眺めていたらこんなツイートが流れてきました。

私は骨髄反射レベルの反応速度で前者を選びます。この条件で後者を選ぶ可能性は万に一つもありません。

この意思決定は最後通牒ゲームの拒否権とよく似ています。気に入らない他人を懲らしめるためならどの程度まで損をする(利益をもらい損ねる)ことを受け入れるか、その閾値がどのあたりにあるかは人それぞれなので、微妙な金額に設定すると判断が大きく分かれます。

ツイッター検索すると賛否両論の様々な反応があって面白い。

他人を懲らしめるために払ってもよい金額の閾値が低い人と高い人ではどこが違うのでしょうか?

経済合理性のみを追求するなら他人がいくら得するかなどどうでもよいことなので、そんなことのために一銭たりとも身銭を切る理由はないはずです。しかし生身の人間には嫉妬という不合理な感情があり、閾値が0になることはありません。

ズバリ、この閾値は自分の心に潜む嫉妬という感情に衝き動かされる度合いを表していると言えます。気に入らない他人を億万長者から一文無しにまで引きずり下ろすためなら100万円払ってもいいと判断する人は、私から見れば相当に嫉妬深い人です。

正直、こんなに高い金額の事例で損する方を選ぶ人がここまで多いとは思っていなかったので驚いています。多くの日本人が経済合理性よりも嫉妬を優先した行動を取るのなら、そりゃ金持ちイジメが合法化されてしまうのも必然と言えましょう。

関連記事:
昨日の記事の続きです。 「日本人はアメ…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も前者を選びますが、後者を選ぶ人がいるのものも十分に分かります。嫉妬の問題だけではないと思います。
たとえば、あなたを長年苛めていた相手がいたらどうでしょうか?また、愛する人間を殺した相手がいたらどうでしょうか?
犯罪をおかしてでも復讐(殺したい)したいような相手がいれば当然後者をとるでしょう。
Posted by くう at 2016年11月10日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

野菜が高くて買えない? なら冷凍野菜を買おう
Excerpt: BLOGOSにこんな記事がありました。 NHK「あさイチ」に届いた特集を全否定する視聴者からのFAX保科省吾[コラムニスト]***野菜が高い。近くのスーパーでもハクサイ1玉650円、キャベツ1玉350..
Weblog: 高等遊民の備忘録
Tracked: 2016-11-07 21:00


ブログパーツ