2016年07月20日

ストレスフリーの生活

とれいCさんのツイートより。
この記事で取り上げられている「様々な生き方」の中に、私みたいな早期リタイアした人は含まれていませんでした。もっと認知してほしいとは思わないものの、少し複雑な気持ちになりました。

仕事が最大のストレス源だという人は少なくないと思うので、そういう人は早期リタイアすることによってストレスフリーの生活に向かって大きく前進することが期待できます。私の例だと、無職生活へ移行してから、ストレスを感じることはほぼ皆無になりました。あるかないかを問うならば、ストレスフリーの生活はある、が正解になるでしょう。

ただし、とれいCさんが指摘するように、ストレスの有無は環境面だけでなく性格に依存するところも大きいので、仕事から解放されたからと言って必ずしもストレスフリーになるとは限らないという点には注意が必要です。金銭面では、蓄えた資産の価値が下がったり、リスク資産で運用しなくても貯金が毎年少しずつ減っていくことにストレスを感じる人もいるでしょう。人付き合いの面では、会社という居場所が無くなって孤独感に苛まれる人もいるでしょう。そこは本人の性格次第なので、適性があるかどうかの見極めは必要だと思います。

関連記事:
ブログ開設6周年にコメント下さったretire2kさん、mushoku2006さん、mikeさんありがとうございます。 mikeさんのコメントに次のような質問がありましたので、お答えしたいと思います。 はじめまして。 ブログ楽しく読んでます。 以前はセミリタイアしてて、今は正社員してます。 セミリタイアしていた頃は自由でしたが、将来…
koutou-yumin.seesaa.net
リンク&トラックバック御礼。 資産が目減りする恐怖 - 一日不作一日不食より: 理性としては問題ないとは思っていますが、実際リタイア生活を始めて、資産が目減りするのを目の当たりにしたらどうなるかわかりません。遊民さんの「高等遊民の備忘録」で、「2013年末の資産残高推移」という記事がありましたが、2008年は-37.4%という減少幅を記…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ブログパーツ