2016年08月01日

幸せなリタイア生活のイメージは人によってこんなに違う

ゆとり隊長さんのツイート
で存在を知った八野むさしさんのリタイアブログに、こんな記事がありました。
「君はさっきからグダグダ言っているが、結局、どうしたらいいんだい?」
そういう質問をぶつけられたら、私はこう答えるでしょう
とにかく最低限、電話でもいいので、人との交流を絶やさないということです
確かによく見聞きする話ではありますね、人との交流や会話が大事だというのは。ただ、どんな事にも言えることですけど、やっぱり本人の性格次第なんです。なので、この回答には「ただし外向的な性格の人に限る。」という条件を付けておきたいですね。

内向的な私に言わせれば、人との交流を絶やしても全く問題ありません。逆に、他人との関わりそれ自体がストレス源になるおそれがあり、無理に外向的に振る舞うよりも孤独でいる方が幸せになれるタイプだと確信しています。

イメージして下さい。昼は愛する恋人とデートをして、夜は同級生などと
飲み歩く毎日を送っていられるとしたら…
そして、それをずーっと続けられる財力があったとしたら…
それこそ「リタイア万歳!人生で今が一番幸せ」って言えるでしょう
ん〜。私ならどんなに財力があっても、こういう毎日を過ごすことは無いでしょう。幸せとはかけ離れた、むしろ苦行のような生活に見えますので…。

このように価値観の異なる人間の生活が奇異に映るのはお互い様でして、内向的な人が家に引きこもって毎日ひとりで黙々と読書やネットをしている姿を想像したら、外向的な人にとってはまさに
「無感情」で覇気がなく、気がつけば「廃人のような生活」を送っていて
のように見えてしまうことでしょう。感情が顔に出ないから無感情に見えるだけで、実際にそうしている本人は「リタイア万歳!人生で今が一番幸せ」って思っていたりするんですけどね。このギャップには驚くばかりです。

自ら、孤独の世界へ行ってはいけません
「いいさ、孤独でも」と今はうそぶけたとしても、何年か後には後悔することになるからです
これも「ただし外向的な性格の人に限る。」ですね。
内向的な私は自ら積極的に孤独の世界へやって来て既に8年ほど、とても幸せなリタイア生活を送っています。今後も後悔する予定はありません。


幸せなリタイアのイメージは十人十色です。早期リタイア予備軍の皆様におかれましては、多種多様なリタイアブログを参考しつつも決して鵜呑みにせず、自らの人生観、幸福観にきちんと向き合った上で判断することをお勧めします。

関連ツイート:
関連記事:
p.131  こうして、だんだんと、アルバイト以外の時間をほぼひとりで過ごすようになっ…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440617111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


ブログパーツ