2017年03月26日

日経BPの記事「資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路」が酷すぎる件

日経BPより。
「1億円程度の資産で引退すると苦境に立たされかねない」と指摘する専門家がいる。本当に安全に引退するには結局、いくらの資金が必要で、どのようなポートフォリオを組むべきなのか。
business.nikkeibp.co.jp
既に多くのブログで取り上げられている大人気の記事です。

それもそのはず、書いてあることがハチャメチャすぎて、ツッコミどころ満載だからです。私は日経BPの会員登録をしていないので2ページまでしか読めませんでしたが、もうそれだけでお腹いっぱい。

いきなり最初の質問で
「1億円程度では、余裕のあるアーリーリタイアは難しい」とのことですが、にわかには信じられません。まず、「仮に今、手元に1億円があり、そのカネを元手に投資商品を購入し、その分配金や配当だけで暮らせ」と言われたら、資産運用のプロとしてどういうポートフォリオを組むか、提示してもらえますか。
「分配金や配当だけで暮らせ」などという無理矢理な条件で縛り上げたポートフォリオの提示を要求していることからして、既に狂気の沙汰なんですが。手元に1億円あるなら、インカムゲインなど追求せずにそれを取り崩して暮らしたって全然構わないんですよ。この質問自体にツッコんでいる人はいなかった気がするので、一応ツッコんでおきます。

玉川:分かりました。まずは1億円のうち3000万円はVXXのショートに使います。
玉川:何もなければ、“理論的には確実”に価値は減衰し、価格は下落して行きます。
投資の世界で「確実」なんて言葉を使う人は、ものすごく怪しいと思います。
リーマンショック級の暴落が来れば恐怖指数は3倍に跳ね上がり、VXXショートなんて一瞬で溶けるのでは? 確率は低いものの、現にリスクを取っているのにどこが「理論的には確実」なのかさっぱり分かりません。

こんなハチャメチャな回答をする玉川陽介氏って一体何者なんでしょう。「手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資」
「勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法」
「勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方」

見るからに怪しいタイトルの著書が並んでいて、いかにもぶっ飛んだことを言いそうな人だろうなと、妙に納得してしまいました。投資のことをまだあまり知らない人がこういう本に手を出すと、その怪しさに気付かないかもしれず、大変危険です。

それから、早期リタイアやそれに必要な資産運用について学ぶなら、日経の記事なんかよりもそれらを実践している個人ブログが山ほどあるので、そちらを読む方がよほど有益です。前回とりあげた年金の記事もウソばっか書いてるし、日経の記事は信用に値しません。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃるとおり先日の年金の記事もこの記事もとても読めたものではないですね。

実はこの記事に対して、「こんな内容は日経としていかがなものか」というような軽い批判コメントを書いたのですが、見事に承認されませんでした。

記事のひどさに加え、批判すら許さない日経の姿勢には呆れてしまいました。まさに、信用に値せずですね。
Posted by 酔いどれ投資家 at 2017年03月27日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ブログパーツ