2017年06月23日

それ、「押し付け」でも何でもないから

ダイヤモンド・オンラインの記事より。
結婚宣言をしたことで、ファンから壮絶なバッシングを受けているNMB48の須藤凜々花さん。日本のアイドルは伝統的に恋愛を謳歌することが認められないが、これは世界的に見て特異な文化だ。なぜこんなことになっているのだろうか?
diamond.jp
芸能ニュースには疎いのですが、ツイッターのTLを眺めていると嫌でもこういう記事が目に入ってきます。アイドルがやらかしたことが話題になっているようですね。

無駄に長い記事を簡潔にまとめると、「禁欲を押し付ける」ファンの方が異常なのであり、アイドルは異常者たちの犠牲者なんだそうです。

いやいや、それはおかしいでしょ。

そもそもファンを含めて禁欲を「押し付け」ている人はどこにもいません。アイドルグループに加入するときの契約(雇用なのか業務委託なのか知りませんけど)の条件の一つに恋愛禁止条項があって、契約当事者双方が合意の上で契約が成立しているわけで。

気に入らなければ契約しないのも自由、禁止条項を外すように個別に交渉するのも自由、恋愛もできないAKBなんか脱退してソロで活動したり、恋愛自由を謳うアイドルグループを結成するのも自由です。数多の選択肢がある中で、禁止条項付きの契約を自ら選択したのです。当事者の契約違反の責任を棚に上げて、周囲からの「押し付け」のせいでこうなったと主張するのは無理筋というものでしょう。

この記事に限らず、「押し付け」や「強いる」のような強制を意味する言葉が、全く強制のないところで使われているのをよく見かけます。

たとえばこちらの連載タイトル。
ボクらは「貧困強制社会」を生きているの記事一覧。
toyokeizai.net
「貧困強制社会」と言いつつ、誰が何を「強制」しているのか意味不明な記事ばかりが並んでいます。

政府が国民に重税を強制しているせいで貧困になっているという意味ならその通りだと思うんですが、そのような問題提議ではなさそうです。

関連ツイート:


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ブログパーツ