2017年09月05日

公権力を利用して他人の自由を奪ってはいけない

うえしんさんのツイートより。

元記事はこちら。
EXILEのTAKAHIRO(32)との結婚と妊娠3カ月(来春出産予定)を1日に - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)
headlines.yahoo.co.jp
一般的にCMは契約書で、契約期間中の結婚や離婚、妊娠などが制限される場合が多い。

彼女の個別の契約内容を知ることはできませんが、仮にこのような制限があったとして、果たしてそれが「人権に抵触して奴隷になる歪みの元」であるから「法で抑止すべき」事なのでしょうか? そのような捉え方は根本的に何かが間違っているように思います。

一つは「人権」や「奴隷」の意味を履き違えていること。

たとえば「契約期間中は結婚しないこと」という条件が付いた契約を提示された場合、それに同意するかどうかは任意であり、誰も契約を強制することはできません。条件が気に入らなければ断ったり、交渉したりするのは本人の自由です。そしてその自由が「人権」です。

どのような条件であれ、任意の契約を結ぶことは何ら「人権」に抵触しません。法で強制されるNHKの受信契約とは違って断る自由があるのです。ましてや、法的にではなく物理的に拘束されて労働を強制されていた「奴隷」とは完全に異なります。

関連記事:
ダイヤモンド・オンラインの記事より。「結婚宣言」で大炎上!アイドルに禁欲を押し付ける日本の男の異常性
koutou-yumin.seesaa.net
netgeekさんの記事より。 【炎上】AbemaTVがタダ働きの奴隷を募集。「タレントに予算を使っているので時給0円です☆」テ…
koutou-yumin.seesaa.net

もう一つは、自分が好ましくないと感じる事柄をすぐに「法で抑止すべき」という方向へ持っていくこと。

いわゆる「規制脳」の典型と言える発想だと思います。なんというか、規制大国ニッポンではこの手の発想は既視感が半端なく、見るたびに絶望的な気分になります。

「独身条件付きの契約」自体を法律で禁止すればそりゃ一部の人には好都合でしょうが、自己の正義のために無関係の他人を巻き込んでもよいことにはなりません。公権力を利用して他人の自由を奪う行為。これこそが人権侵害であるという事が理解される日は来るのでしょうか…。

参考記事:


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


ブログパーツ