2016年10月15日

誰がどんな価格を提示しようと自由

netgeekさんの記事より。
テレビ朝日とサイバーエージェントが共同出資してサービス展開を行っているAbemaTVがとんでもない募集を出して…
netgeek.biz
タレントにはお金を払っているのだから時給数百円ぐらいはケチらずに出すべきであろう。

ケンタッキーの骨でキングギドラを完成させた作品が有名になったのは今年9月のこと。その後、テレビ局がこの通称「ケ…
netgeek.biz
14年かかって身につけた技術を持つプロレベルの職人に対して2週間で1万円の報酬はひどすぎる。

どちらの事例も、提示された条件が気に入らないなら断るなり、応募しなければいいだけの話なのに、何を横からゴチャゴチャ言っているのかと…。特に後者などは、条件をオファーされた本人でもない第三者が、外野からヤジを飛ばして勝手に「炎上」だと騒いでいる姿には違和感しかありません。

彼らが提示した条件がひどすぎると思うのであれば、自分がスタッフを募集したり、職人さんに仕事を発注したりするときに、ひどすぎない報酬とやらを提示すればよいのでは?

「その報酬は(自分から見れば)安すぎる」というような、人それぞれに異なる価値判断を持ち出してきて、その報酬で仕事をオファーすること自体が悪いことのように主張するのは無理があります。

誰がどんな契約条件を提示しようと自由ですし、相手方の意思に反して契約を強制することはできない以上、その行為に善も悪もありません。誰からも合意を得られなかった案件は、ただひっそりと市場から姿を消していくだけのことです。わざわざ外野からヤジなど飛ばす必要はありません。

え? ただのヤジなんだからスルーすればよい? 確かに…。
しかし、こういうヤジがいつしか大合唱となって当事者が萎縮してしまったり、最悪の場合は政府に規制しろとか言い出しかねない国民性なので心配です。例えば最低賃金規制のような、契約自由の原則をぶち壊す悪法が当たり前のように支持されている国では…。

関連記事:
選挙で意志は示された、というような言辞に惑わされないこと。選挙はパッケージ単位で選ぶ抱き合わせ商法だ。袋の中に不良品が入っているの知っていても他のものを取るために仕方なく買うのだ。その上で個別の不良品に文句をいうのは当然の権利だ。これは選挙とは関係ないことだと知って欲しい。— ぎゃばん@やまぶき高校で待ってます。 (@ga…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

早期リタイア後のロールモデルについて、ここまで考えている人もいるけれど…

きりんさんのブログより。
図書館にて、蔵書の検索を司書さんにお願いしている間、雑誌コーナーをうろうろしていた。そうすると月刊ビッグトゥモロウという雑誌が「セミリタイアの実際に迫る!」といった特集を表紙で大きく見出しにしてあったので、ページをめくってみた。すると不動産を沢山管理している人、アフィリエイトで生計を立てている2人のセミリタイア者の生活について書かれていた。彼らは不労所得と謳いつつ日々忙しく収益物件の管理に勤しんでおられた。いやそれセミリタイアじゃなくて個人事業主だろ。 というわけで、今回は早期リタイア後のロールモデルについて。ロールモデルという言葉は掴みどころがないので、噛み砕いていうと「まあマシだと思えるい…
giraffyk1.hatenablog.com
で、結論としてやっぱりロールモデルは存在しない。
私の場合、早期リタイア後のロールモデルを探すという発想自体が無かったので、こういうことを緻密に考えている人がいることを知って少し驚きました。

無くて何がそんなに困るんだ、と読んでいる人はほとんど人は感じるのだろうが、30代40代で早期リタイアして平均寿命まで数十年、活動エネルギーがたっぷりある一個の成人が、何の指針も無く生きろ、といわれると当事者としてはかなり当惑する。
私は当惑しませんでしたね。何の指針も無いことは逆に自由度が高くて良いことだと思います。ロールモデルが無くて困ると言うよりは、むしろ無いほうが好ましいのではないかと。

みんなでサッカーをプレイ中にボールを1つ渡されて「あとはグラウンドの外で好きにボール遊び楽しんで良いよ」と言われたような感覚が近いかもしれない。ボールは蹴っても蹴らなくてもいいし、多分手で触っても誰も何も言わない。

 これが話をややこしくする。
手を使ってもいいという新しいルールでサッカーをプレーしてみるのもよし、サッカーボールを使ってキックベースボールやドッジボールを始めてもよし、ボールの上に座って休むもよし。全てを自由に選択できる状況にわくわくする事はあっても、何もややこしい話ではないと思うのですが…。

実際に小学生の頃はこれに近いことを夢中でやっていた記憶があります。野球のルールなんかも狭い公園に合わせて独自に改変したりして、自由な発想で楽しんでいましたね。

強い信念を持って新たな自分だけの判断基準や取り組みを確立する。ロールモデルが無い代わりにこれを行うのが全リタイア者にかせられた課題なのである。
まあ、そう考える人もいるというだけのことで、「全リタイア者に」と書かれてしまうと違和感があります。無駄にハードルを上げすぎでしょう。この記事を読んだ早期リタイア予備軍の皆さんに、早期リタイアってここまで堅苦しく身構えないとできないものなんだ、と思われてしまうと残念至極だと思います。

私の感覚では、リタイアしたら人生の新しいステージが始まるのではなくて、就職してからリタイアするまでの間は一時的に失われていた自分本来の人生のステージに戻ってくるだけの事なんですよね。誰にとっても、全く仕事をしない人生のステージを経験するのは初めてではないのだから、そのステージでどう動いていたのかを少しずつでも思い出せばいいだけじゃないですか。

就職する前は仕事をしない人生に戸惑いながら生きていましたか? 私は夢中で遊んでました。何事にも夢中になる前にあれこれと慎重に考えるのは大人になった証とも言える反面、メンタル面で余計な悩みを抱えることにもなりかねません。良い意味で童心に帰れることも、リタイア適性の一つと言えるかもしれません。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

国民年金保険料追納のご案内

年金事務所からこんな文面のハガキが送られてきました。
国民年金保険料の納付を免除または猶予されていた方へ、保険料追納のお知らせです
(中略)
国民年金保険料の免除、納付猶予および学生納付特例の承認を受けた期間から10年以内であれば、保険料を追納することができます。
私が国民年金保険料を初めて全額免除されたのが2007年なので、今年はちょうど9年後に当たります。10年後である来年までなら追納できますよ、という親切な(?)ご案内のようです。

ツイッター検索をしてみると、このハガキを督促だと勘違いしている人がちらほらと。
もちろん、私の場合は今のところ追納する意思がありませんが、早期リタイアした人が国民年金をどうするか迷っている場合、とりあえず免除を受けておけば、その判断を最大10年までは先延ばしにできることになりますね。その10年の間に制度改悪がどの程度進むのか観察できるのは大きな利点だと思います。そして今後は毎年毎年、10年前の保険料を追納するかどうかの選択権がこちらにあるわけです。

ただし、3年後以降に追納する場合は、免除当時の保険料よりもいくらか高くなります。ざっと計算してみたところ年利0.65%程度で上乗せされています。過去10年間の長期金利よりは低そうですから、けっこう良心的ではないでしょうか。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

幸せなリタイア生活のイメージは人によってこんなに違う

ゆとり隊長さんのツイート
で存在を知った八野むさしさんのリタイアブログに、こんな記事がありました。
「君はさっきからグダグダ言っているが、結局、どうしたらいいんだい?」
そういう質問をぶつけられたら、私はこう答えるでしょう
とにかく最低限、電話でもいいので、人との交流を絶やさないということです
確かによく見聞きする話ではありますね、人との交流や会話が大事だというのは。ただ、どんな事にも言えることですけど、やっぱり本人の性格次第なんです。なので、この回答には「ただし外向的な性格の人に限る。」という条件を付けておきたいですね。

内向的な私に言わせれば、人との交流を絶やしても全く問題ありません。逆に、他人との関わりそれ自体がストレス源になるおそれがあり、無理に外向的に振る舞うよりも孤独でいる方が幸せになれるタイプだと確信しています。

イメージして下さい。昼は愛する恋人とデートをして、夜は同級生などと
飲み歩く毎日を送っていられるとしたら…
そして、それをずーっと続けられる財力があったとしたら…
それこそ「リタイア万歳!人生で今が一番幸せ」って言えるでしょう
ん〜。私ならどんなに財力があっても、こういう毎日を過ごすことは無いでしょう。幸せとはかけ離れた、むしろ苦行のような生活に見えますので…。

このように価値観の異なる人間の生活が奇異に映るのはお互い様でして、内向的な人が家に引きこもって毎日ひとりで黙々と読書やネットをしている姿を想像したら、外向的な人にとってはまさに
「無感情」で覇気がなく、気がつけば「廃人のような生活」を送っていて
のように見えてしまうことでしょう。感情が顔に出ないから無感情に見えるだけで、実際にそうしている本人は「リタイア万歳!人生で今が一番幸せ」って思っていたりするんですけどね。このギャップには驚くばかりです。

自ら、孤独の世界へ行ってはいけません
「いいさ、孤独でも」と今はうそぶけたとしても、何年か後には後悔することになるからです
これも「ただし外向的な性格の人に限る。」ですね。
内向的な私は自ら積極的に孤独の世界へやって来て既に8年ほど、とても幸せなリタイア生活を送っています。今後も後悔する予定はありません。


幸せなリタイアのイメージは十人十色です。早期リタイア予備軍の皆様におかれましては、多種多様なリタイアブログを参考しつつも決して鵜呑みにせず、自らの人生観、幸福観にきちんと向き合った上で判断することをお勧めします。

関連ツイート:
関連記事:
p.131  こうして、だんだんと、アルバイト以外の時間をほぼひとりで過ごすようになっ…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

ストレスフリーの生活

とれいCさんのツイートより。
この記事で取り上げられている「様々な生き方」の中に、私みたいな早期リタイアした人は含まれていませんでした。もっと認知してほしいとは思わないものの、少し複雑な気持ちになりました。

仕事が最大のストレス源だという人は少なくないと思うので、そういう人は早期リタイアすることによってストレスフリーの生活に向かって大きく前進することが期待できます。私の例だと、無職生活へ移行してから、ストレスを感じることはほぼ皆無になりました。あるかないかを問うならば、ストレスフリーの生活はある、が正解になるでしょう。

ただし、とれいCさんが指摘するように、ストレスの有無は環境面だけでなく性格に依存するところも大きいので、仕事から解放されたからと言って必ずしもストレスフリーになるとは限らないという点には注意が必要です。金銭面では、蓄えた資産の価値が下がったり、リスク資産で運用しなくても貯金が毎年少しずつ減っていくことにストレスを感じる人もいるでしょう。人付き合いの面では、会社という居場所が無くなって孤独感に苛まれる人もいるでしょう。そこは本人の性格次第なので、適性があるかどうかの見極めは必要だと思います。

関連記事:
ブログ開設6周年にコメント下さったretire2kさん、mushoku2006さん、mikeさんありがとうございます。 mikeさんのコメントに次のような質問がありましたので、お答えしたいと思います。 はじめまして。 ブログ楽しく読んでます。 以前はセミリタイアしてて、今は正社員してます。 セミリタイアしていた頃は自由でしたが、将来…
koutou-yumin.seesaa.net
リンク&トラックバック御礼。 資産が目減りする恐怖 - 一日不作一日不食より: 理性としては問題ないとは思っていますが、実際リタイア生活を始めて、資産が目減りするのを目の当たりにしたらどうなるかわかりません。遊民さんの「高等遊民の備忘録」で、「2013年末の資産残高推移」という記事がありましたが、2008年は-37.4%という減少幅を記…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

民意を殺す政治、殺さない市場



分かります。
民主政治において多数決ベースで決まっていく物事というのは非常に大雑把で、民意の取りこぼしが大量に発生します。

私も先日似たような事をツイートしました。
少数派の需要を満たそうとする政治家は多数決で負けて落選する仕組みなので、需要があっても供給されることはありません。供給されるためには、その需要が多数派である必要があります。つまり、政治によって自分の需要を満たそうとする場合、他人に意見を変えさせてでもその需要を多数派にもっていかなければなりません。

自分は自分、他人は他人という考え方ではダメなので、無理矢理にでも他人を巻き込んで味方につけようと必死にならざるを得ません。この本質が、政治活動というものの醜さの根源だと思います。

まさに「勝てば官軍」の世界であり、多数派になりさえすれば政治を通じて様々な利益を受けられるのに、少数派には利益がないばかりか、多数派が欲しがるものを与えるための余分な税金まで奪われる始末。踏んだり蹴ったりとはこのことです。これほど強制的で不公平な仕組みが世の中にあるでしょうか。

対照的に、市場は何も強制しません。当事者同士の任意の取引があるだけです。そもそも市場で多数派になることに意味は無いので、他人を巻き込む必要がありません。政治よりも市場の方が自由で公平な仕組みであることは明らかです。

本来ならば、どうしても市場では解決できない事柄に限って、政治の出番があるはずなのです。それが今の日本ではどうでしょうか。何でもかんでも政治的対立に持ち込んで、選挙で敗者の屍の上に乗って勝利宣言すれば万事解決だ!みたいな、武闘派ばかりが幅をきかせています。ただでさえ政治に依存しすぎなのに、国民はもっと政治に関心を持てと煽りたてる行為は、その傾向に拍車をかけるだけでしょう。方向性としてはむしろ逆です。国民が普段は政治のことなど忘れていられるぐらいに、政治が関わる領域を極限まで縮小すべきなのです。

とは言うものの、縮小するという方向性自体も政治を通じて決定される決まりになっている以上、武闘派の皆さんが改心するまで止めるすべは無いように思います。
アニメ「風の谷のナウシカ」で、怒り狂ったオウムの群れを前に老婆が呟いた
「こうなっては、もうだれも止められないんじゃ」
というセリフを思い出しました。

関連ツイート:


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

日本政治.comの投票マッチングをやってみたところ、驚きの結果に

nihonseiji.com
こちらです。
20問の質問にサクサク答えていき、最後に特に重要だと思う項目を3つ選択します。

するとこんな結果が出ました。

日本政治.com - http___nihonseiji.com_votematches_1_result.png

ええっ!? 社民党?? さらに次点が共産党??

ありえない…

この結果から見えてくるのは、自由主義、小さな政府を支持する人にマッチする政党が、日本には存在しないということでしょうね。

日本では選挙に行っても、社会主義、大きな政府を目指す(維持する)メニューしか選べないという、目を背けたくなるような現実を再確認できました。

関連記事:
かえるさんのブログで紹介されていた政治ポジションテストが面白そうなのでやってみました。 結果は、「リベラルかつ小さな政府を目指すタイプ」でした。
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

日本社会の病名は「超少子化」ではなく「社会保障依存症」

先日ツイッターでコメントしたこの記事について。

タイトルからして既に超少子化を死に至る病などと診断して悪と決めつけており、それを解決しない限り日本が滅ぶかのように煽る内容はさらに酷いと思います。

そもそも少子化によって人口減少へと向かう現象は今回が初めてではありません。長い日本の歴史の中では何度か経験している事です。参考記事:そのたびにいちいち日本が滅んでいたのかと、元記事書いた人に問いたいですね。

「未来に何を残せるのか。世代間の戦いにしてはならない」
www.buzzfeed.com
日本は、死に至る病にかかっている。超少子化だ。このままでは人口は減り、高齢化はさらに進み、社会は破綻する。
社会が破綻するんじゃなくて、社会保障制度が破綻するだけでは? なぜ破綻するかと言えば、現役世代が老人世代を支える賦課方式の制度では、人口動態変動リスクを全力で取っているからです。

制度と社会は別物です。社会保障制度がそれ自身の欠陥によって破綻しても、社会は存続するのでは?

関連ツイート:
現行の社会保障制度の破綻=社会の破綻
と思い込んでいる人は、そんな制度がまだ無かった時代のことを忘れているのではありませんか。そしてたまたま今の時代に存在しているだけの、高々数十年の歴史しかない制度なのに、それがこの先もずっと持続しなければ誰も生きていける人は居ないなんていう、壮大な勘違いをしているのでは。

制度が無ければ無いで、人はちゃんと生きてゆけます。制度が破綻したら生きてゆけなくなるのは、それに依存する気満々な人だけです。どんどん依存しなさいと、今までさんざん煽ってきた政府が一番悪いのは当然として、それを信じて依存する方にも責任はあります。

なので、日本社会さんの正しい診察結果は「社会保障依存症」と出ました。「超少子化」なんていう誤診によって出された処方箋はすべて捨てておきますので、依存症の治療に専念してください。

今年2月には「保育園落ちた日本死ね」のブログで、子育て支援のあり方が改めて脚光を浴びた。それから初の国政選挙となる参院選。だが、少子化をめぐる議論は盛り上がっていない。
むしろあんなあからさまな煽り記事ひとつで、少子化がどうのこうのと盛り上がれる社会の方が気持ち悪いです。

番組では2万人の視聴者にアンケートをとった。「少子化対策に新たな負担はありか、なしか」。結果は「あり」が8割だった。
正気の沙汰じゃないですね。既に国民負担率が43.4%(過去最高)に達しているこの国で、さらなる負担増を容認するなんて…。

関連記事:
以前から不思議に思っていることの一つが、自らドケチを名乗るmushoku2006さんが消費税増税を支持していること。ドケチにあるまじき行為。(笑) 資産課税のような後出しジャンケンが許されないことについては意見が一致するんですけどね。 過去の行為についての税金は勘弁して欲しい 2 : 年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記:…
koutou-yumin.seesaa.net


ここでも、「医療・年金(高齢化対策)」>「子育て支援(少子化対策)」だ。
どっちを優先するかなんて議論は、他人の金にたかる気満々のタックスイーター同士の醜い争いでしかないんですよ。仮にこの結果が逆になったとしても、他人の金で子育てを支援するという考え方自体がおかしいことに変わりはありません。

関連記事:
東京都議会議員おときた氏の公式サイトにこんな記事がありました。 【メモ】3人目以降の保育無料←1人目から無料にした方がいいんじゃ… | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト:保育士不足の解消策といい、どうにも政府がいま打ってくる手は すべて的はずれなもののように思えてなりません。その通りです。 保育士不足の件で言えば、問…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

フィードリーダーを減量中

気が付けばFeedlyで購読中のブログが軽く500を超えていました。今までは広く浅く面白そうなものを追加してきましたが、これだけ肥大化が進んで1日にフィードされてくる記事数が軽く100個とかになってくると、さすがにもうお腹いっぱいです。一つ一つ丁寧に読んでいるとそれだけで半日が終わるぐらいの勢いです。会社員時代にメールの山に埋もれ、朝から処理に追われていた日々を思い出します。

というわけで、少しずつ減量することにしました。

Feedlyには、Saved for later というマーク(Google Readerの☆のようなもの)を付ける機能があり、響いた記事や引っかかった記事などにはマークを付けるようにしています。購読しているブログごとに過去のフィードをリストしたとき、更新が止まっていないにもかかわらず、1年以上前からマークが付いた記事がないブログは、ひとまず購読解除することにしました。

関連記事:
フィードリーダーをGoogle ReaderからFeedlyに乗り換えたのは、いつのことだったか…。
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

ブログ開設8周年

当ブログ満8歳の誕生日を迎えました。

1年前の記事はこちら。
当ブログ満7歳の誕生日を迎えました。 総PVは7年かかってやっと100万を超えたところです。感謝。 人生の時間があと何年残っているかわかりませんが、ここまでは思い描いた通りの自由なリタイア生活を送ることができているので大変満足しています。 無理に近況報告ネタを書こうとすると1年前の記事のコピペになりそうなので、最近共…
koutou-yumin.seesaa.net
この記事を書いてからもう1年になるとは…。昨日書いたような気がするぐらい鮮明に覚えているのですけどね。

平均余命はあと30年ぐらいありますが、この1年でその3.3%が失われたことになります。せわしなく上下動する金融資産を尻目に、毎年確実に減っていく時間資源。40歳でリタイアした判断は間違っていなかったと、今なら自信をもって言えます。

人生の有限感以外に最近感じ始めたのが、「幸福のピークは過ぎた感」です。

仕事を辞めて無職になってから本当の自分の人生が始まり、絶対的幸福度は大幅にアップしました。50代目前になった今、好きなことだけをして過ごした40代は自分史上最高の時間だったなあと振り返ることができます。しかしこの間に、老化も確実に進行しています。いつの間にか老眼鏡が手放せない体になってしまいました。この本に書いてあったように、鏡を見るたびに「これがおれなのか?」と感じるのは40代でも同じです。これから先の人生は、否応なしに老化が進行していく自分の体と付き合っていかなければなりません。

今の幸福を犠牲にしてでも「幸せな老後」を追い求めるタイプの人が日本人は特に多いようですが、その幸せっていうのはあくまでも他の老人と比較してマシだという話にすぎないと思っています。自分史の中で比較した場合、老化したことによって下がった幸福度を取り戻すことはできません。そういう意味で、私の人生の幸福のピークは過ぎたと感じるようになりました。

もちろんピークを過ぎたから即不幸というわけではなく、今でも十分に幸福ですけどね。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ