2017年09月15日

差別する自由

きっかけは柴田英里さんのこのツイートだと思うのですが、
ツイッターやブログで「差別をする自由」が話題になっています。

ツイッターの反応は「そんな自由などない!」などと骨髄反射的に全否定するものが多く見られますが、もう少し落ち着いて考えてみましょうや。

まず第一に、「自由」の意味について。

自由や権利の概念が本来の意味よりも広くなりすぎてわけがわからなくなる現象は、今までに何度も見てきました。
表現の自由といった自由権の話をしている文脈で、家を燃やすとか人を殴るといった物理的暴力を行使することも「自由」の中に含まれると考えている人は、少なくとも表現規制反対派の中にはいないと思います。他害禁止原則は自由権の基本ですので。

柴田氏の発言における「自由」にも当然、物理的暴力は含まれないと解釈するのが妥当です。

次に、「差別」の意味について。

なるほど、

差別=「力づくで」不利益を与えること

と定義している人もいることはわかりました。そりゃ話が噛み合うわけがありません。

力づくではない「差別」もたくさんありますよ。
嫌いな奴を無視する、無職にはアパートを貸さない、映画館のレディースデー、女性専用車両、スーパーのシニア割引などなど。

@ある基準に基づいて,差をつけて区別すること。扱いに違いをつけること。また,その違い。 「いづれを択ぶとも,さしたる−なし/十和田湖 桂月」
A偏見や先入観などをもとに,特定の人々に対して不利益・不平等な扱いをすること。また,その扱い。 「人種−」 「 −待遇」
この辞書の定義にあるように、強制力を伴わない意味で「差別」という用語を使っている人もいます。私もその一人です。力づくで何かやる行為をピンポイントで表すには、「暴行」や「強要」といった別の用語を選びます。

特に、柴田氏の「差別する自由もある」の文脈では元々ヘイトスピーチのような差別表現のことを指していたのであり、「力づくで」どうこうする行為が含まれていると解釈するのは無理があります。

以上のような解釈から、柴田氏の「人間には差別をする自由もある」発言には何の問題もないと考えます。

参考ツイート:




この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

暗号通貨の利点

小椋 一宏さんのブログより。
夏休みの思い出づくりに暗号通貨マイニングをしてみたので、そのレポートをしてみます。
medium.com
たいへん面白い自由研究です。思い出づくりのために6万円をポンと投資してみるその姿勢が素敵すぎます。

電気代が確定しないことには何とも言えませんが、おそらく結論的には
儲かるか、というと多分もういまから参入しても儲からないと思う。
こうなるでしょうね。
誰でも新規参入できる完全オープンな市場で、電気代の高い日本のマイナーは最初から重いハンデを背負っているのですから、勝負は見えています。

今となっては直接採掘するよりも、ツルハシやジーンズを売る方がまだ望みがありそうです。そういう商売もやがて飽和して割に合わなくなっていくとは思いますが。

いずれにせよ、「いかにして金を稼ぐか」という視点で物事を考えなくなって久しい私にとっては、マイナーやトレーダーとして暗号通貨市場へ参入する動機は皆無なんですけどね。ただただ、一人の消費者として使える通貨の選択肢が増えればいいなと思っているだけです。

そして最大限に共感したポイントはここですね。
夏休みの暇な時間に考えてみた。Bitcoinは貨幣なのか。そもそも貨幣とは何なのか。不換紙幣になった時点で、それは本質的には何の価値もない紙切れだが、それをみんなが使えると信じているから価値がある。Bitcoinは所詮ただの情報じゃん、と思っていたが、それを言ったら貨幣も金やプラチナとは本質的に異なる、ただの紙切れなのだ。
そこまで考えると、Bitcoinもたいがい胡散臭いが、日本銀行券もおなじぐらい胡散臭いということに気づいた。
その価値の根源が人々の信用に依存しているという性質は、暗号通貨と日本銀行券に共通しています。気付いている人はまだまだ少ないようですが。

では、円とBitcoinの本質的な違いは、中央銀行の存在なのか……?
そう思います。
中央に管理者がいる日銀券と、いない暗号通貨(一部例外はあるようです)。

管理者がいないより、いる方が信用できると思いますか? そうとも限りません。たとえば今では完全に普及したインターネットにも中央に管理者はいませんが、その仕組みや動作が信用できないと思っている人は少ないでしょう。

日銀券だと通貨の供給量に上限はなく、日銀が必要と判断すればいくらでも増やすことができます。暗号通貨の場合、供給量の上限がオープンソースのコードで予め決まっている(これも例外あり)ので、誰かの独断で供給量を増やして価値を薄めることはできません。

「誰かを信用するリスク」自体を排除する(trustlessな)仕組みを用意したこと、これこそがブロックチェーンによる画期的な技術革新であり、暗号通貨最大の利点だと思います。

関連ツイート:
関連記事:
ツイッターを眺めているとこんなツイートが目に入ってきました。 それと、もう一度言いますが、あなたの言ってる「お金」はいったい誰が作り、誰がその信用を担保しますか? https://t.co/Dlb1OmUzDo— 住友陽文 (@akisumitomo)
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

公権力を利用して他人の自由を奪ってはいけない

うえしんさんのツイートより。

元記事はこちら。
EXILEのTAKAHIRO(32)との結婚と妊娠3カ月(来春出産予定)を1日に - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)
headlines.yahoo.co.jp
一般的にCMは契約書で、契約期間中の結婚や離婚、妊娠などが制限される場合が多い。

彼女の個別の契約内容を知ることはできませんが、仮にこのような制限があったとして、果たしてそれが「人権に抵触して奴隷になる歪みの元」であるから「法で抑止すべき」事なのでしょうか? そのような捉え方は根本的に何かが間違っているように思います。

一つは「人権」や「奴隷」の意味を履き違えていること。

たとえば「契約期間中は結婚しないこと」という条件が付いた契約を提示された場合、それに同意するかどうかは任意であり、誰も契約を強制することはできません。条件が気に入らなければ断ったり、交渉したりするのは本人の自由です。そしてその自由が「人権」です。

どのような条件であれ、任意の契約を結ぶことは何ら「人権」に抵触しません。法で強制されるNHKの受信契約とは違って断る自由があるのです。ましてや、法的にではなく物理的に拘束されて労働を強制されていた「奴隷」とは完全に異なります。

関連記事:
ダイヤモンド・オンラインの記事より。「結婚宣言」で大炎上!アイドルに禁欲を押し付ける日本の男の異常性
koutou-yumin.seesaa.net
netgeekさんの記事より。 【炎上】AbemaTVがタダ働きの奴隷を募集。「タレントに予算を使っているので時給0円です☆」テ…
koutou-yumin.seesaa.net

もう一つは、自分が好ましくないと感じる事柄をすぐに「法で抑止すべき」という方向へ持っていくこと。

いわゆる「規制脳」の典型と言える発想だと思います。なんというか、規制大国ニッポンではこの手の発想は既視感が半端なく、見るたびに絶望的な気分になります。

「独身条件付きの契約」自体を法律で禁止すればそりゃ一部の人には好都合でしょうが、自己の正義のために無関係の他人を巻き込んでもよいことにはなりません。公権力を利用して他人の自由を奪う行為。これこそが人権侵害であるという事が理解される日は来るのでしょうか…。

参考記事:


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

国家が存続しなくても社会は存続する

マネーボイスの記事より。
日本は手遅れだ。どんな名政治家が出てきても、どんな提言が為されても、どんな少子化対策が実行されても「遅すぎる」ということに気付かなければならない。
www.mag2.com
鈴木傾城さん、煽りタイトルで釣るのは前回取り上げた記事と同じ芸風ですね。
もう、どんな名政治家が出てきても、どんな提言が為されても、どんな少子化対策が実行されても「遅すぎる」ということに気付かなければならない。
政治の力で経済を何とかしよう、という前提を捨てない限りはその通りでしょうね。

逆に政治の力が衰退して、大きな政府というモンスターが退治されるようなことになれば、日本経済の持続的回復も夢ではないと思います。

減り続ける若年層と、増え続ける高齢層の同時並行で、日本は今の社会を維持できなくなり、あと数十年で国家の衰退は目を覆うほどの惨状となる。

現代の社会保障制度が破綻する確率の高い2050年で、外部からの攻撃や侵略がなかったとしても日本の国家は維持できているかどうか分からない。

今の日本民族は少子高齢化が解決できないという一点で、絶滅が避けられないのである。日本社会は、持続可能な社会ではなくなった。
この手の悲観論を目にするたびに思うのは、なぜいつも「社会」≒「国家」または「政府」という前提で語るのだろうかと。

一般に「社会」の定義は「人間の共同生活の総称。また、広く、人間の集団としての営みや組織的な営み」ですので、国家の有無と関係なく存在するのが「社会」です。国家は社会の真部分集合、つまり「国家⊂社会」という関係になります。
220px-Venn_A_subset_B.svg.png
A=国家
B=社会

主語が「日本の国家は」なら正しいと言えることでも、主語が「日本社会は」まで広がると正しいとは限りません。この区別は重要です。

上で引用した3文の内容はどれも「国家」が主語なら正しいものの、「社会」が主語なら正しくありません。たまたまその時代に存在していた国家が衰退、消滅したとしても、社会が滅ぶわけではないのです。かつての大日本帝国政府や江戸幕府が滅んだときのように。

参考ツイート:

それ以前に、日本人は少子高齢化という「静かなる国家存続の危機」を止められないのだから、それを無視して日本に投資するということ自体が間違っている。
これも「国家」と「日本」の混同です。
「日本に投資」とは民間企業への投資を中心とする広い概念であり、国家(国債)への投資はその部分集合です。国家が現状のまま存続できないとしても、資本主義が終わらない限り民間企業は存続するでしょう。

日本は若年層の人口が消えて高齢層の面倒を見るために国家予算が消えていくので、当然だが技術の継承もできなくなり、技術革新も生み出せなくなっていく。
国家予算と民間企業の技術革新との間にどういう因果関係があるのかよくわかりません。あらゆる民間企業が国家と癒着し、補助金を吸い取っているという前提でもあるのでしょうか。

国家予算不足を補うための増税で民間企業が痩せ細っていくだろう、という話ならわかりますが。

いずれにせよ、もし国家が衰退して国家権力の及ぶ範囲が縮小していく未来が到来するのなら、癒着していたゾンビ企業は自然に潰れ、まともな民間企業が増税で苦しむことも無くなるのですから、日本社会にとっては好ましいことだと思います。

国家と社会は運命共同体どころか、むしろ利益相反の関係にあるとさえ言えるでしょう。

(つづく?)

関連記事:
先日ツイッターでコメントしたこの記事について。 病名は「超少子化」ではなく「社会保障依存症」が正しい。誤診に基づく処方箋は逆効果。制度の破綻は社会の破綻ではない。“日本は、死に至る病にかかっている。超少子化だ。”【参院選】日本はじんわりと滅ぶのか 「超少子化」という死に至る病
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

やめてよかった、会社とアルコール

哲学的しろくまさんのツイートより。
ほんこれ。

私の場合、確かリタイアした直後あたりまではアルコールを摂取していた記憶がありますが、いつからか全く飲まなくなって現在に至ります。もともと遺伝子的にアルコールには弱く、少量でもすぐに気分が悪くなっていたことを考えると、若かりし頃の俺は何故あんなもんを無理して飲んでいたんだろうという後悔の念しか出てこないですね。

適量のアルコールは健康に良いという話を信じている人が多いようですが、それは遺伝子的に問題がない人に限った話だと思います。モンゴロイドの半数はアセトアルデヒド脱水素酵素の代謝能力が1/16以下しかなく、その強い毒性によって体が蝕まれます。まだタバコの毒性ほどには知られていませんが、アルコールだって飲む人によっては立派な毒薬なのです。
これに対しコーカソイド(白人)・ネグロイド(黒人)は全てGGタイプ(酒に強いタイプ)である。
ってすごいですね。
酒に弱いのはモンゴロイドの半数とアボリジニなど一部の人種に限られるので、世界規模で見ると完全にマイノリティーです。それ故にマジョリティー側の常識が蔓延ってしまうのでしょう。

「やめてよかったランキング」の1位が会社だとすれば、2位はアルコールですね。減った支出なんて微々たるものだとは思いますけど、酒税のような無駄金を払わないのは気分が良いです。さらに政府は安売り規制してステルス税を取ろうというのですから、アホらしくてやってられません。


関連記事:
セミリタイアしたら絶対に太ると思う。より:これでもしセミリタイアをして仕事を辞めたら?多分、ほとんど運動しない生活になると思います。と言うことは、何もしなければ確実に「太る」ということになると思います。私も基本はインドア派(別名:ひきこもり系)のリタイア生活ですので、現役時代より運動量は減りました。 ところが、意外に…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

税や社会保険料で「富裕層を優遇している」って本当?

ツイッターを見ているとこんなツイートが目に入ってきました。
「税金や社会保険料で、富裕層を優遇している実態」と書いてあり、一体どこの国の話だろうかと思ってよく読んでみると、どうやら日本のことを言っているらしくてぶったまげました。

たしかに負担「率」のグラフを見ると、所得1億円の人の負担率が約40%でピークになっていて、1億円を超えると負担率が下がっていくようです。しかし、負担率がピークから高々16%程度下がったぐらいでは、高所得者の負担「額」の方が低くなるといった逆転現象は起こりません。

試しに、このグラフから負担率を読み取って負担額を計算してみました。

所得と負担額の関係.jpg

結果は予想どおり、きれいな右肩上がりのグラフになりました。このグラフは、「高所得者ほど多額の負担を強いられている」という単純な事実を示しています。

縦軸は対数表示にしてあります。最初は普通の線形表示でグラフを描いてみたところ、あまりにも負担額の差が大きすぎてうまくいきませんでした。所得100億円の人の負担額は、所得100万円の人の約9000倍という、とんでもないレベルに達しています。

元ツイートのグラフにあった「所得100億円超は所得100万円より税・社会保険料の負担が低い」という見出しは極めて悪質なミスリードです。このグラフが示しているのは「負担率」の違いのみであって、実際の「負担」が高いか低いかを示すデータではありません。

実際は「富裕層を優遇している」どころか、はっきりと富裕層を冷遇していることがわかります。むしろ相対的に低所得の人ほど優遇されています。

そもそも公権力に強制されている負担の話をしている(受益の話はしていない)ときに、その負担が相対的に少ないことを「優遇」って言うのかなという疑問もあります。冷遇の度合いがマシな人(低所得者)から、冷遇の度合いが酷くて虐待レベルの人(高所得者)まで広く分布しているけど、「優遇」されている納税者なんて一人もいないと思うのですが。

しかし、「〜は優遇されている。だからもっと毟り取れ!」と叫ぶ人たち、なんとかなりませんかね…。

関連ツイート:


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

早期リタイアはもったいない? 自分の頭で考えよう

NightWalkerさんのブログ
ちょっと古い記事ですが、大江さん。日経マネー研究所さんです。 夢の早期リタイア ...
nightwalker.cocolog-nifty.com
で言及されていた日経の記事です。
 会社勤めをしている人の中には定年を待たずにできるだけ早期にリタイアしたいと考える人が多くいます。私の知り合いの会社員も「投資で十分な資産をつくり、早期に仕事から引退したい」と思っているようです。米国でも40歳代までは馬車馬のように働いて早…
style.nikkei.com
大江英樹さんのことは存じませんが、略歴を拝見する限りでは「早期リタイア」とは対極的な生き方を選択されているようです。

それより何より、早期リタイアは本当に幸せなのでしょうか?
一言「人による」で終わってしまう種類の問いだとは思いますが、私のケースで言えば「本当に幸せである」以外に答えようがないですね。

私は40歳代の頃は、何とか早期リタイアができないものかと考えていましたが、実際に定年が近づいてくると、一切働かないで、のんびりすることが「果たして充実した人生なのだろうか」という疑問を持つようになりました。
私の場合は逆で、20代の頃は早期リタイアなど考えもしなかったのに、30代になってくると、このままずっと60歳まで働き続けることが「果たして充実した人生なのだろうか」という疑問を持つようになりました。

いずれのケースでも、選ばなかった方の人生が自分にとって「充実した人生」だったかどうかを知るすべはないので、選んだ方の人生が充実しているならそれでいいじゃないですか、としか…。

仕事とは人のために何かをしてあげることだと私は考えています。報酬は、いわば感謝のしるしとしてもらえるものでしょう。何歳になっても人の役に立つことを仕事として続けていくことは素晴らしいことです。現役時代のようにバリバリ働いて稼ぐ必要はありませんが、自分の体力と時間に応じて、社会とかかわる道もあるのです。
「してあげる」と言われると、何やら上からな感じがして嫌ですね。仕事をする側も報酬を払う側も対等であり、労働と金銭の間に優劣は無いはずです。労働需要があるところに自らの労働力を供給する労働者が人の役に立っているのと同様に、金銭を必要としている所にそれを供給する消費者や投資家だって人の役に立っているのです。

仕事を辞めると「社会とかかわる」道がなくなるというのもよくある妄想で、この文脈で言われる「社会」とは、リタイア生活における余暇活動や消費活動をする領域などはなぜか含まれず、ビジネス領域にのみ特化したかなり狭義の概念だと思われます。

仮に可能だとしても、会社員が早期リタイアしてしまうことはもったいないことです。できれば自営業やフリーランスの人たちのように、働き続けるべきではないでしょうか。
ああ、最後に本音が出てしまいましたね。

早期リタイアすることが「もったいない」と感じるか否かは、最初の問いと同じく「人による」で終わる話です。「働き続けるべき」かどうかは、本人以外の誰にもわかりません。べき論で返すなら「自分の頭で考えて判断すべき」です。しかし自分の頭で考えたくない人は他人に判断を委ねるのもまた自由なので、これも言い過ぎになるかも…。

要は一度きりの人生、それぞれ好きなように生きればいいんじゃないですか、ってことで。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

定年退職後の不幸自慢みたいな記事を読んで思ったこと

Taoさんのブログより。
タイトルを見て、「誰も知らない」とか「誰も守ってくれない」なんて映画が頭に浮かんだ記事があった。読んでみると映画の話ではなく、会社依存症のまま定年を迎えてしまった人々の苦悩が、これでもかとばかりに語られるせつない内容だった。私にとってはまったくの他人事だ
worldsend.blog.jp
Taoさんの感想にたいへん共感しました。良記事なので一読をおすすめします。

ダイヤモンド・オンラインの元記事がこちら。
定年退職の直後に感じるのは、「現役時代は、いかに社会と関わりが持てていたか」ということだ。組織から切り離されたときから、人は「名前を呼ばれない」日々を生きることになる。60歳からを「黄金の15年」にするために、このリアリティショックを乗り越える必要がある。
diamond.jp
退職から1ヵ月余り経過したゴールデンウィーク前の金曜日に繁華街に出た。夜の8時頃だったが、居酒屋、飲み屋、レストランは、どこもかしこも超満員だった。これからの連休を控えて仕事から解き放たれた様子の会社員であふれていた。そのときに「自分にはこのような週末はもうやってこない」ことに気がついた。
外食するならガラ空きのド平日の方が良くないですか? わざわざこんな超満員のときを選ぶ必要がない自由な身分であることを、幸福だとは思えませんかそうですか。それに、休日限定で仕事から解き放たれるよりも、休日も平日も仕事から解き放たれている方がいいとは思えませんか。
参考記事:
同時期に退職した学生時代の友人は、「今は一つのことをずっと考え込んでしまうが、会社では電話や上司の指示でいつも考え事が遮られる。これが精神衛生上とても良かった」と語っていたのが印象に残っている。
人の都合も考えずに割り込んでくる電話や上司こそ、会社員の大敵じゃないですか。それが精神衛生に良いなんて…。

また彼は、若い人から年配者までが一緒に集まっている場所は、会社のほかにはないことに気がついたとも話していた。
この人どんだけ観測範囲狭いねんとしか…。
反例を一つ挙げると、安宿ですね。会社なんかよりも遥かに多種多様で多国籍な人々が集まる場所は、他にいくらでもあるでしょう。

名前を全く呼ばれないということは社会とつながっていないことを意味する。
べつに名前を呼ばれなくても、リタイア後も市場経済の中でお金を払って他者から必要なものを入手しながら生活する以上は、社会と緩くつながっていると思うのです。彼らの言う「社会とつながっていない」とは、ただ他者との(対面の)コミュニケーションがないという意味にすぎないのではないかと。

お金があって、必要なモノやサービスが買えて、やりたいことをやる時間もまだあって、だけど他者とのつながりが希薄だから私は不幸だ、って言われてもね…。既に手の内にあるものを無視して、手に入らないものにばかり意識を向ける癖を治さない限り、心が満たされることは永久にないと思います。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

海外生活ネガティブ・キャンペーンでもやってるのかな

前回前々回取り上げた記事も海外生活へのネガティブ成分多めでうんざりしましたが、さらに露骨なのがありました。
「世界一の屋台街」(米CNN、2016年)として知られるタイの首都バンコクから屋台が消える――。今年末までに、衛生と秩序の両面から、バンコク首都圏庁(BMA)がバンコクの主要な道路から食べ物を販売する露天商を退去させると発表した。
jbpress.ismedia.jp
確かに物価は上がっているのでしょうが、いくらなんでも誇張しすぎでは…。しかしツイッターの反応を見るとなぜか信じきっている人が多数。そんなメディア・リテラシーで大丈夫?

バンコクでもお馴染みの和風居酒屋や和食レストランでも、お酒が入ると1人当たり平均、2000〜3000バーツ(約7000円から約1万円)もする。

日本では“飲食店の二極化”で激安傾向がさらに進む中、「日本より高くなってしまった」(日本人リタイア高齢者、日系企業駐在員)というのが実情だ。
海外の和食レストランと日本の激安チェーン店を比較して「日本より高くなってしまった」とか何の冗談? 日本より物価の高い国なんて数えるほどしかないのに、タイがその一つとかあり得ないです。現地の生の声を聞いてみましょう。

真実を知るにはもちろん実際に現地へ行ってみるのが一番ですが、それができない場合はせめて現地にいる人、現地に行ったことがある人の声を直接聞くようにしたいですね。今の時代はマスメディアを介することなくそれができるのですから。

新聞や雑誌などの旧メディアならともかく、ネット上においてさえも今だに職業ライターが会社の権威を笠に着て発信する記事の方を選好したり信用したりするのは、非常にもったいないことです。やはり日本は権威主義的価値観が根強いからでしょうか。

私の感覚では、職業ライターが生活のために書いている記事よりも、個人が趣味で書いているブログやツイートの方が、遥かに信憑性が高いと思います。たとえば海外の物価なら、実際に世界各国を放浪しているしんさんのツイートが秀逸です。
ちなみに私も海外生活の可能性は常に視野に入ってますが、あくまでも株価が暴落してリタイア資金がショートしそうになった場合のセーフティーネットの一つという位置付けです。先人たちのお陰で、日本より物価の安い国がまだまだ沢山あることを知り、たいへん助かっています。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

「ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ…ニートの先の幸せ 後編」



前編に引き続き良い感じです。
全体的に見てphaさんよりも小林銅蟲さんの方が主役でした。

ギークハウス、遊びに行くだけなら面白そうですが、あそこに住みたいとは思わないですね。人も物も多すぎて狭苦しいのが私には無理です。せっかくの引っ越しの機会に断捨離すればよかったのに…。

彼らは最早ニートではないとか、ニートの定義にこだわっている人もいるようですが、そこは重要なポイントじゃありません。タイトルもニートの「先の」幸せですから。

彼らのように会社や家族に縛られることなく各自の幸せを追求する生き方も普通に存在するという事実が、テレビという旧来のメディアに乗って伝えられたのは良かったと思います。放送が関東ローカルなのがもったいないぐらいです。

今回のシリーズは放送内容そのものよりも、放送を見た人たちの反応の方が興味深いものでした。こうも評価が二分するとは思ってもみませんでしたので。

ツイッターには相変わらずネガコメが溢れていますが、ポジティブなコメントも少なくはありません。わざわざネガコメだけを抜粋しているまとめサイトには悪意しか感じないですね。

共感したツイートを抜粋しておきます。








この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ