2013年04月25日

2012年末までの資産残高推移

当ブログの肝心かなめとも言える資産残高推移について、最後に書いたのはいつだったか調べてみたところ、なんと3年前にまで遡ります。
2010年第1四半期の資産残高推移

四半期単位での集計はこの時が最後で、それ以降は年末のみ資産残高を集計してきましたが、ブログには何も書いていないようです。

今更感が拭えませんが、生存証明も兼ねて記録を残しておきます。
2010年: -4.7%  年齢+ACR=77
2011年: -13.7%  年齢+ACR=76
2012年: +19.2%  年齢+ACR=89

こんな感じで推移しています。
昨年の+19.2%という数字は、リタイア後6年間で最大値です。ちなみに最小値は2008年の-37.4%。

ACRって何ぞや? と思った方はこちらの記事を御覧ください。
早期リタイアの判断基準
3年以上前の記事ですが、いまだに当ブログ人気ページランキング1位なんですね。おそらく「早期リタイア」という検索ワードからのアクセスが細々と続いているのだろうと推測します。

その判断基準の点で言えば、昨年はACRが急上昇して再びリタイア安全圏に入ったように見えます。その要因としては資産の増え方が大きかったこともありますが、昨年1年間の生活コストが一昨年と比べて10%以上低かったことも大きいと思います。特に節約を強く意識したわけでもなく、具体的にどんな支出が減ったかは分析していませんが、資産残高だけでなく、生活コストにもそれなりの伸縮性があり、毎年変動するものなのだということを、今更ながら実感した次第です。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

さらばシティバンク

シティバンクオンラインのUI変更
シティバンクの口座は海外旅行前のTC調達に利用してきましたが、ドル建てデビットカードを入手した今となっては存在価値が希薄になっています。最近は円高の影響で口座維持手数料がかからない20万円相当の外貨を維持するのに苦労していますし、今後は解約も視野に入れて検討していきます。
検討開始から3年も引っ張りましたが、ついにシティバンクの口座を解約しました。円高の影響で残高が20万円ぎりぎりの水準に落ちてきて、毎月残高をチェックするのも面倒だし精神衛生上よろしくないと判断しました。

解約の際、米ドルの残高はTCに替えようかとも思いましたが、なんと今は発行手数料無料じゃないんですね。いつの間に改悪されたのやら…。
もし海外旅行に出かけるとしても、FirstradeのデビットカードがあればTCは不要なので、結局円に戻しました。為替手数料やら為替差損やらでけっこうなロスが出てしまいました(いちいち計算はしていませんけど)。
こんなことになるのなら3年前にさっさと解約しておけばよかったです。

現在のシティバンクは、
・金利が異常に低い(米ドル1年定期0.07%)
・海外送金手数料も安くない(3500円)
・TC発行手数料有料
・最低残高を割ると口座維持手数料がかかる
・国内の振込手数料でさえ有料
まったく魅力のない銀行だと思います。

外資系銀行には黒船的な役割を期待していただけに残念です。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

海外投資と海外ファンド

先日の記事のコメントで長期投資オヤジさんから次のような質問をいただきました:
資産運用ですと海外投資にはどういう
ご意見をお持ちか教えて下さい

長期投資派を自認しているオヤジです。
最近、投資信託を調べていくうちに海外ファンドへの興味がでました。

(中略)

リターンが良いようなのですが
遊民様は、実践されていますか?

ボラティリィ10%、リターン実績30%のようなヘッジファンドもあるそうです。

日本の投資信託で3年以上実績あるものをランキングで並べてみても、3年間でボラティリティ15%以上、リターン実績15%程度の質の低い商品しかありません。

だから海外投資に興味があるのです。
遊民様は実践されていますか?

もしされていない場合には、その理由などを教えて下さい (最低投資単価は500万円からのようです)
ここで言う「海外ファンド」とは、ほぼヘッジファンドのことを指している、という前提でお答えします。

海外投資には興味があり実践していますが、海外ファンドには興味がないので保有していません。

私の資産運用の基本スタンスは長期、分散、パッシブ運用です。
分散の観点から海外投資は必須ですが、いわゆる海外ファンドと呼ばれているものはすべてアクティブ運用ですよね。その時点でもう私の守備範囲外です。

なぜアクティブファンドを避けるかというと、コストが高いからです。アクティブファンドの期待リターンの平均は、このコストの分だけ市場平均に劣ります。過去の運用実績の優れたファンドを選んでも、未来の期待リターンが良くなるわけではありません。

海外投資=ヘッジファンド だった時代は10年以上前に終わり、現在は海外投資の手段が多様化、大衆化しています。もはや海外だからと身構えて500万円も用意する必要はなく、ヘッジファンドやIFAに高い手数料を落とす必要もありません。もっと安上がりな海外投資の手段が誰にでも開かれています。このような大衆化の流れは、海外旅行の歴史に似ていますね。

まだ不自由なことが多いとは言え、国内のネット証券でもクリックひとつで海外ETFが売買できます。その不自由を取り除きたければ、海外の証券口座を持つこともできます。

海外ETFのExpense Ratio(経費率)も、最近は驚くほど安くなっています。
25 Lowest Expense Ratio ETFs – Cheapest ETFs | ETF Database
最近は0.5%でも高すぎ、0.3%で普通、0.1%未満なら安いなという感覚です。アクティブファンドとは文字通り桁が違います。

いい時代になったものです。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

SBIレミットの国際送金サービス

本日付けでサービス開始したようです。
SBI、国際送金サービス13日にも開始 低価格で集客狙う - SankeiBiz(サンケイビズ)

手数料体系はこのようになっています。
手数料について - インターネット国際送金はSBIレミット
10万円以下の少額なら確かに安いものの、25万円超で3,980円のどこが「低価格」なのかと。

為替レートの方はどうでしょうか。
こちらでシミュレーションしてみたら、
送金手数料シミュレーション - インターネット国際送金はSBIレミット
換算レート : 1 YEN = 0.011788 USD
現在のJPY/USDは、
http://www.google.co.jp/search?q=JPY%2FUSD
1円 /米ドル = 0.011858
したがって、為替手数料は約0.59%と出ました。1万ドル(≒84万円)あたり約5,000円ってとこです。
さすがにメガバンク級のボッタクリではないものの、決して安くはないですね。

ほんの9ヶ月ほど前に、
SBIの国際送金サービス
最も恩恵を受けるのは日本の個人投資家だと思いますね。海外口座へのハードルが大きく下がりそうなので。
こんな記事を書いたのですけど、恥ずかしながら大外れでした。
100万円単位で海外口座に送金するような個人投資家のニーズには、まったく適合しないサービスだと思います。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

Firstrade VISA Platinum Debit Card の為替手数料

2年前の実験では、
Firstrade VISA Platinum Debit Card による現金引き出し
為替手数料は約0.4%と推定できます。
と書きましたが、今回は少し違いました。

翌日口座から引き落とされたドル/当日引き出した円=0.01119

一方、引き出した時刻の為替レートは、
http://fxchart.fxrec.com/jpyusd.html
のチャートを右クリックして引き出した日時(GMT表示)にカーソルを合わせると、
USD/JPY=0.011180
であることがわかりました。

したがって、今回の引き出しで支払った為替手数料は、
0.01119/0.01118-1=0.09%
と出ました。

ちょっと安すぎる気がして、引き出した時刻の為替レートの代わりに引き落とされた日時の為替レートも調べてみたところ、少し円高方向に動いており、そのレートで計算すると手数料がマイナスになってしまうので辻褄が合いません。やはり引き出した時の為替レートが適用されると見るのが正しいようです。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

FirstradeのVISA Platinum Debit Card 更新

Firstradeから新しいデビットカードがFedEXで届きました。
カードのデザインはまったく同じ、カード番号も同じで、GOOD THROUGH(有効期限)が2年後に変わっただけです。

早速SkypeOutを使ってアクティベートしました。Toll Free番号なのでSkypeクレジット残高は減りません。

2年前のやり方
FirstradeのVISA Platinum Debit Card
と違うのは、SSNの代わりに口座番号の入力を求められることです。
私の聞き違いでなければ ”10-digit” の口座番号を求められるのですが、私の口座番号は8桁しかないので、8桁+#を入れたらOKでした。

PINの設定はいじらなかったので変わってないはずです。
近々ゆうちょ銀行のATMで引き出しの確認をしてみます。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

株式の実質リターン

債券と株式の実質リターンのデータを検索していたら、こんな記事を見つけました。
投資の達人−超長期投資実践・目指せ金融資産1億円:1. 株式は、最も長期投資に適した金融商品 - livedoor Blog(ブログ)

(追記:なぜかリンク先が消えてしまったようなので、Googleのキャッシュへのリンクに張り替えました。4460nさん情報ありがとうございました。)

株式の実質リターンは
米国での1802年から2001年の200年間の結果は、
  
    名目利回り 8.3%
    物価上昇率 1.4%
    実質利回り 6.9%
とのことです。
アメリカのインフレ率ってもう少し高いと思っていたので、意外に低いと感じました。200年の間には大恐慌という超デフレ時代もありましたから、平均するとこんなものなんでしょう。

さらに興味深いのが次の記述。
シーゲル氏の主張はまとめると

@長期で見ると株のリターンは他の金融資産よりもリターンが高い
A株のリターンは購買力で見たとき、債券の利回りよりもはるかに確実で予想しやすい

つまり、株は長期でみると債券・長期国債・短期国債などの確定利付き資産よりはるかにリターンが高く、インフレにも強く、物価上昇率に対する実質リターンが長期的に見るとほぼ一定で予想しやすい。逆に、債券などの確定利付き資産はインフレに弱く、物価上昇率に対する実質リターンは不安定で予測しにくい。
これです。私がリタイア後も敢えて株式中心のポートフォリオを維持し続ける理由はここにあります。
目先のリスク低減を優先する余り、長期間使う予定のないお金を延々と債券で運用すると、インフレ率変動の影響を受けやすくなり、かえって将来の購買力変動リスクを高めることになると、過去のデータは物語っています。

『株式投資 〜長期投資で成功するための完全ガイド』 読書録 その3 より:
fig11-2.JPG
このグラフを見れば、上記@とAの結論が正しいことがわかると思います。

株式のリスクを避け、元本に手をつけることなく債券や定期預金の利息だけで生活することを目論んでいる人は、現在のようなデフレ低金利時代を嘆くかもしれませんが、実際に債券の実質リターンを毀損するのは高インフレ率のときなんです。なので、高インフレ時代が到来してもっと名目リターンが上がればいいのに、と債券投資家自身が考えているとすればおかしな話だと思います。

このグラフからわかるのはもう一つ、インフレ率が非常に低いときでも、株式の実質リターンには特に変化は見られないことです。長期ではなく1年のグラフでインフレ率がマイナスのときも同様なのは正直意外でした。株式はインフレには強くてもデフレには弱い、という誤ったイメージは捨て去らなければなりません。

関連記事:預金のインフレ抵抗力

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

ストックが減る恐怖

うさみみさんから前回の記事にコメントをいただきました。ありがとうございます。
期待リターンが低いと精神的に苦しいグラフの形に見えますね。
一番上のグラフが右肩下がりになっていることを指してのコメントと思われますが、この見方はうさみみさんのブログ記事「早期リタイア後の生活の形」に書かれていた「ストックが減る恐怖」という感情と関係がありそうですね。

確かに現役生活が長いとストックは毎年増えていくのが当たり前という感覚になりがちですが、人生の残り時間から逆算した結果、ある時点でストックが減少に転じるのはむしろ自然なことです。ストックの量や収支予測は人によって違うので、その時期を迎えるのが早いか遅いかの違いがあるだけです。なので私は、ストックが計画通りに減っていく右肩下がりのグラフを見て恐怖を感じることはありません。

恐怖なのは、2008年のように運用結果が極端なマイナスになってストックが想定外の減り方をしたときです。それならもっとリスクを減らせばいいではないかと言われそうですが、敢えてそうしない理由は別の機会に書いてみようと思います。

ちなみに、インフレ3%で破綻ということは、期待リターンが5%未満のアロケーションを組んでおられるということなんですね。
えーと、インフレ3%で期待リターン4%(=実質リターン1%)を「仮定」すると破綻するという試算でして、実際の期待リターンを算出したわけではありません。

ちなみに、これまでの資産残高予測の基本形は、名目期待リターン4%、インフレ率2%のグラフですので、現在の私のポートフォリオの名目期待リターンは4%、実質期待リターンは2%と見ていることになりますが、この数字は株式クラス中心のポートフォリオにしてはかなり控えめなほうだと思っています。

追記。
記事タイトルが内容に合っていなかったので直しました。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(3) | TrackBack(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

インフレの影響をどう見るか

うさみみさんのブログ長が〜く続けて、ゆとりある暮らし  マネープランとインフレ率より:
うさみみ家のキャッシュフロー表を眺めていて思ったのは、「インフレ」の影響って大きいなということです。
確かに。
「早期リタイアの判断基準」にも書いた通り、私の場合インフレ率を2%から3%に上げて計算すると、長期的な資金繰りが破綻してしまいます。ただし、インフレ率が上がっても資産運用のリターンがまったく上がらない(つまり実質リターンが1%下がる)と仮定すればの話です。

逆に考えると、インフレ抵抗力のある(つまり実質リターンがインフレ率に影響されにくい)ポートフォリオを組んでおけば、インフレ率が多少変動したところであまり心配は要らないように思います。

試しに実質リターンは一定(=2%)のまま、期待リターンとインフレ率を変化させた場合、資産残高予測がどう変化するか見てみました。

期待リターン3%、インフレ率1%のとき
残高予測3-1.JPG

期待リターン4%、インフレ率2%のとき
残高予測4-2.JPG

期待リターン5%、インフレ率3%のとき
残高予測5-3.JPG

以上のように、インフレ率によってグラフの形状は少し違いますが、残高がゼロになるのは約54年後という点に違いはないことがわかります。

まあ現実には、リスク資産の価値が大きく変動するのに対してインフレ率の変化率は小さいので、実質リターンが毎年一定なんてことはないんですけどね。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(1) | TrackBack(2) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

2010年第1四半期の資産残高推移

資産グラフ201003.JPG

前回からプラス0.4%でした。平和です。
これだけ変化が少ないと、もう四半期ごとじゃなくて1年ごとの集計でいいような気がしてきました。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ