2015年12月19日

「ココマネ」サービス終了で家計簿をどうするか

半年前、家計簿の付け方で取り上げたばかりのオンライン家計簿「ココマネ」が、12月25日でサービス終了となります。

【重要】ココマネ サービス終了のお知らせ|ネット家計簿ココマネ

どうせなら31日まで使わせて欲しかったなあ。年の途中で家計簿切り替えると、年末の集計の手間が増えてしまいます。

類似のオンライン家計簿に乗り換えようかと色々試してはみたものの、どれも今いちしっくりこないんですよね。せっかく乗り換えても、いずれまたサービス終了になったら面倒だということもあり、GoogleフォームとGoogleスプレッドシートを使ってシンプルな家計簿を自作してしまいました。

参考記事:
家計簿をつけています。簡単なやつです。 「いつ」「どこで」「何に」「いくら」お金を使ったかをメモしておくくらいのライフログのようなものです。 あんまり面倒なことはしたくなくて、プラットフォームに縛られない形で検討した結果、Googleドライブのスプレッドシートを使うことにしました。 専用のフォームを作成し、htmlが開けるオンライン環境でフォームを開いて、いくつかの項目を入力して送信することでスプレッドシートに書き込まれていくという流れです。 スプレッドシートはMicrosoft OfficeのExcelのようなもので、オンラインストレージであるGoogleドライブ上に保存されており、以下の形…
azuma006.hatenablog.com

Googleスプレッドシート(Excel互換)やGoogleドキュメント(Word互換)は今までも利用していましたが、Googleフォームなるものがあって、自作フォームがこんなに簡単に作れるとは知りませんでした。

自作した支出データ入力用のフォームはこんな感じに。

家計簿入力フォーム.jpg

必須入力はたったの3つだけ。私にはこれぐらいシンプルなもので十分です。

自作したフォームで収支データを入力していくと、指定したGoogleスプレッドシートにデータが蓄積されていきます。同じファイルの別シートに、そのデータを集計する仕組みを作り込んでおけば、リアルタイムで自動集計してくれます。集計はピボットテーブルを使う方法もあるようですが、私はよりシンプルにsumifs関数を使いました。

参考記事:
さて、あと半月もしたら2015年ですよ!というわけで、2015年用の家計簿をGoogleドライブを使って作りました。 Googleドライブには「Googleフォーム」という機能が用意されていて、アンケートフォームのような画面を簡単に作ることができます。フォームから入力したデータは、関連付けられた表計算ファイルへ自動的に蓄積されていきます。
risa.hatenablog.com

たとえば支出項目別の合計金額を出したいセルは次のようになります。
=sumifs('フォームの回答 1'!F:F,'フォームの回答 1'!C:C,A5,'フォームの回答 1'!B:B,">="&$B$1,'フォームの回答 1'!B:B,"<="&$B$2)

'フォームの回答 1'は支出データが書き込まれているシートの名前で、F列に金額、C列に支出項目名、B列に日付が入っています。
集計シートのB1に集計開始日、B2に集計終了日を入力しておきます。このセルの値を変えることによって、任意の期間の集計結果が得られる仕組みです。

さっそく12月の収支から新家計簿を使い始めました。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

家計簿の付け方

私が3年前から使っているオンライン家計簿。

ココマネ | 相談できる無料家計簿・みんなの家計簿を公開中

この家計簿は使い方やカスタマイズの自由度が高い点が優れていると思います。
家計簿を公開したりSNSのように交流もできるのが売りのようですが、私は普通に非公開で家計簿機能のみを使用しています。

早期リタイアの判断基準
に書いたように、早期リタイアを決断するのに必要となる数字はACRと年齢です。
ACRを算出するためには、総資産額と年間生活コストをできるだけ正確に把握する必要があります。日々の支出を家計簿で記録する習慣をつけておくとコストの把握は容易になります。リタイア後にもACRの推移を見るのに家計簿のデータは欠かせません。

ところで、携帯電話のMNPやインターネットプロバイダー乗り換え等の特典でキャッシュバックを受け取ったとき、家計簿にどう付けていますか?
これを収入とみなすのか、それとも支出の一部が戻ってきただけと見るべきか?

家計簿を付ける上で簡単なのは前者ですが、キャッシュバックの実質的な意味は後者ですから、前者のスタイルで付けた家計簿では、見かけ上の収入と支出が両方とも実際よりも大きくなってしまいます。生活力の高い人ほど高額のキャッシュバックを受け取る機会も多いと思うので、この誤差がACRの算出に無視できない影響を及ぼす可能性があります。

ではどうすれば誤差を無くせるかというと、キャッシュバックは支出欄の方にマイナスの数字で入力すればいいのです。そうすれば実際にかかっているコストを正確に集計することができます。

知っている人にとっては何を今更なTipsでしょうが、ココマネにマイナス入力が可能だと知ったのはつい最近の私です。ということは、過去の家計簿では年間コストがやや高めに出ていた、つまり過去のACRは実際よりも低めに出ていたことになります。今更過去のACRを修正するのは面倒なのでしませんが、リタイア計画中の人なら誤差を修正するとリタイア可能年齢が少し早まるかもしれませんね。


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

Skypeクレジットの有効期限

固定電話を契約していない私が電話をかける必要があるとき、Skypeを使っているという話をこちらの記事で紹介しました。

そのSkypeクレジットについての要注意情報が書かれたブログがありました。
Nexus 5が日本でも発売されたけど | 年間120万円生活 -働きたくねぇ.com-
Skypeクレジットには有効期限があって、最後に使った時から180日経つと無効になるので注意。
はい、ここまでは知っています。
つまり無効になる直前に一度でもSkypeOutを使えば、そこからさらに有効期限が180日間延長される仕組みです。私はアメリカのTOLL FREE番号に発信して、Skypeクレジットを消費することなく有効期限を延長しています。

ところが…
と思ったら、今はこんな条件になってるのか。これならWebから買わずに、ファミリーマートのFamiポートでSkypeクーポン買った方がいいな。500円から買えるし。

Skype利用規約

日本にいるお客様がSkype WebサイトからSkypeクレジットを購入した場合は、この段落は適用されず、Skypeクレジットは購入日から6ヶ月後に失効します。 Skypeクレジットを失効日以後に使用することは許可されていません。
Skypeさん、これは酷い! なぜに「日本にいるお客様」限定の改悪??
ウェブでSkypeクレジットをチャージする場合、確か最低1500円かかるので、それを6ヶ月以内に使い切らないと失効してしまうという恐ろしい仕様になっています。一体いつの間にこんなことに…。
コンビニで買ったクレジットとウェブで買ったクレジットが混在している場合はどうなるのか、よくわかりませんね。

とにかく、ごく稀にしか有料通話の発信をしないユーザーは、Skypeクレジットをウェブでチャージすべきでないことを、ぜひ覚えておきましょう。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(3) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

通信サービス利用状況(2013年5月現在)

・インターネット
節約系リタイア生活には欠くことのできない最重要サービスです。高速で快適なインターネットサービスにはそれなりのコストがかかっても良いと思いますが、同じ品質ならできるだけ安いものを選びたいところです。
プロバイダ比較 | 光ファイバー・ADSL - 価格.com
で検索すると、高額キャッシュバック付きのブロードバンドサービスが山のように出てきます。現在の相場は、高額キャッシュバックを加味した実質費用で月額2000円以下は当たり前になっています(マンションタイプの場合)。昔の相場しか知らないとけっこう驚きます。
「2年間ご利用時点」の実質費用を比較して、利用可能な回線の中で最も安いものに乗り換えました。

・固定電話
長い間、インターネット・プロバイダーが提供するIP電話サービスの基本料が月300円ほどかかっていましたが、利用頻度が極めて低いため、乗り換え先のプロバイダーでは電話サービスを契約しませんでした。
その代わりに、次のサービスを利用して新たに050電話番号を取得しました。
スマートフォンの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART βサービス
このサービスは、通話料がやや高いのと引き換えに基本料無料なのがポイントです。発信しなければコストはまったくかかりません。
スマートフォン向けのサービスですが、タブレット端末でも使えます。タブレット端末が宅内の無線LAN経由でインターネットに常時接続されているので、SIPフォンアプリを起動しておけば050番号を持つ固定電話機となります。もちろん、外出先でもモバイルルーター等のネット接続さえあれば、タブレット端末で電話の発着信が可能です。

たまに発信する必要があるときは、通話料の安いスカイプを使います。先日、かれこれ7〜8年前に初めてチャージした10ユーロのスカイプクレジットの残高が200円を切ったので、初めてコンビニで500円分購入してチャージしました。
購入方法|Skype(スカイプ)のダウンロード、設定方法、使い方ならSkypeナビ

この方法で問題があるとすれば、フリーダイヤルへ発信する手段がないことです。携帯電話からの着信を拒否するフリーダイヤルの場合は、仕方なく近所の公衆電話を使っています。

タブレット端末はNexus7が良いと思います。Google贔屓なので。



・携帯電話
2年前にソフトバンクからauにMNPしました。
当時の条件は一括0円で25000円分のキャッシュバック(正確には商品券)付きでした。昔のソフトバンクのスパボ一括のような月月割は付かないものの、有料通話さえしなければ毎月762円しかかからないので、乗り換え費用+2年分の維持費はキャッシュバックで賄える計算になります。
もうすぐ2年縛りが切れるので、再びMNPすることになるでしょう。
参考記事:2年ごとにMNPで携帯キャリア変更がベスト - The Goal

「MNPするとメールアドレスが変わるので不便」というよくある意見に対しては、この機会に「携帯キャリアのメールアドレスは捨てる」という思い切った発想の転換が欲しいところです。
今は電話番号だけでSMSをやり取りできるのだし、メールアドレスが必要ならGmailを使えばいいでしょう。特定のキャリアに依存したメールアドレスを使い続けるのは、移動の自由を自ら放棄して日本という国と運命を共にする生き方と似ていると思います。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

P-oneブルーカード

年会費無料のP-oneブルーカードを使い始めてから2年近くになります。
関連記事:P-oneカードへの乗り換え

昨年度(2009年3月まで)利用分のポイントが失効間近になったため、商品券と交換しました。
交換比率: 630ポイント → UCギフトカード2,000円

630ポイントは63万円分の利用で獲得したので、還元率は約0.32%。
請求時1%オフと合わせて、P-oneブルーカードの還元率は約1.32%と出ました。乗り換えの時に期待していた通りの数字になったので、とりあえず満足しています。

この2年の間に
毎月7日はポイント10倍
がなくなったり、1%オフ適用は月15万円までになるという改悪があったようですが、私のように高々年間50万円程度のライトユーザーにとっては、依然として最適なクレジットカードと言えそうです。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

自動車保険の料金比較ー2009年版

去年の年末に「自動車保険の料金比較」という記事を書きましたが、今年も各社の料金が出揃ったのでメモしておきます。

見積もりに使用した条件は概ね次の通りです。

運転者年齢条件: 35歳以上
使用目的: 日常・レジャー
年間走行距離: 3000km未満
対人賠償: 無制限
対物賠償: 1,000万円
搭乗者傷害: 500万円
適用ノンフリート等級: 20
特約: 本人・配偶者限定特約、ファミリーバイク特約
割引: インターネット割引、ABS割引

見積もり結果を安い順に並べると次のようになります。

三井ダイレクト: 13,900円
そんぽ24: 15,700円
SBI損保: 16,700円
チューリッヒ: 19,000円
アクサダイレクト: 20,500円
アメリカンホームダイレクト: 23,300円
ソニー損保: 25,500円

三井ダイレクトの価格優位性に変化なしですが、去年ほどの差はなくなってきました。良い傾向です。
対抗にそんぽ24がジャンプアップしてきたのも面白い変化だと思います。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(2) | TrackBack(2) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

iPhoneの総コスト

無職生活開始〜 by ぬこ: 資産計算(1/3)改
携帯電話を買い換えることにしました。
iPhoneがいいかなぁ。。と思っています。
を読んで、高かったiPhoneも少しは安くなったのだろうかと思い、調べてみました。

iPhoneを購入、維持するための費用についての最新情報は、こちらの記事が秀逸です。
らばQ:iPhone 3GSの購入に悩む人のための、購入・維持費・解約時費用一覧表 〜 2009年12月最新版

結局いくらかかるのかは、こちらの表を見れば一目瞭然。
http://image.blog.livedoor.jp/laba_q/images/review/200912iphone/img16.png

26ヶ月トータルで、パケットをケチりまくっても7.5万、普通に使えば15万近くかかる高コストぶりは相変わらずのようですね。これだけ高いと悩む必要もありません、私の場合。

携帯は電話とメールしか使わない私にはよくわかりませんが、普通の携帯でもパケ放題上限に張り付くような使い方だと、iPhoneと同じぐらいのコストが掛かっているのでしょうか? それならiPhoneに乗り換えるのは良い選択かもしれませんね。
あるいは、家でPCを使わない人なら、固定のインターネット回線を引かずにネットはiPhoneに一本化、という手もありますか。
それぐらいの条件でないと、コストパフォーマンスが悪すぎるような気がします。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

ソフトバンクのスパボ一括「8円ケータイ」消滅へ

ソフトバンクモバイルが実質値上げを決定、「8円ケータイ」は消滅へ - GIGAZINEより残念なニュースです。
従来「新スーパーボーナス」を利用して携帯電話を購入した場合、「月月割」によって基本使用料や通話料、通信料などのユニバーサル利用料を除いた利用料金が割引されていたのに対して、8月19日以降の新規・契約変更・買い増しの新スーパーボーナス契約に関しては月月割の割引対象から基本使用料が除外されるようになります。

これにより月額の維持費が最低でも980円(ホワイトプランの場合)上乗せされることになるため、携帯電話端末の代金を一括で支払い、月月割でホワイトプランの基本使用料などが値引きされることで、毎月の支払いがユニバーサル利用料の8円のみで済む「8円ケータイ」は成り立たなくなるようです。
現在維持しているスパボ一括8円ケータイ、月当たりに換算すると2〜300円程度のコストで済むため、今後も2年ごとにスパボ一括で買い替えていこうと企んでいましたが、やはりそんなウマい話は長続きしませんでした。

今の契約の月月割が終わるのは来年のことですが、その後月々980円を払い続けるとなると現在のコストの数倍に跳ね上がり、私のようなライトユーザーからするとずいぶん高く感じます。それまでにもっと低コストな選択肢が現れなければ、もう携帯電話は持たないことになるかも。

関連記事:
ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入
ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入(その2)
ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入(その3)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入(その3)

親用の新しい携帯をもう1台購入しました。
821TがWホワイト、S!ベーシックパック必須という条件で9,800円でした。パケ放題が必須オプションでなかったのは幸いです。ただともプログラム適用で5,000円の商品券が戻るので、実質4,800円で1,280円機種が手に入りました。

その他の費用は
・契約事務手数料=2,835円
・ホワイトプラン基本料(今月分日割+来月分)=1,106円
・Wホワイト(今月分日割)=126円
・S!ベーシックパック(今月分日割+来月分)=355円
・25ヶ月分のユニバーサルサービス料=200円
・24か月分のホワイトプラン基本料+S!ベ(1,295円)−月月割(1,280円)=360円
合計で4,982円。

本体と合わせて9,782円のコストで25ヶ月維持できるので、ひと月あたり391円と出ました。これではいまいち安くないと感じるのは、金銭感覚がヘンでしょうか・・・。今までのスパボ一括の中で一番高くついてしまいました。昨年の今頃は1,280円機種がもっと安かっただけに、やや不満が残ります。まあ、親の財布から出るお金だからいいですけど。(笑)

この機種はシニア携帯ということで、うちの親は大変気に入ってくれたようです。先日購入した830Pと中のUSIMを入れ替え、821Tを父親用に、830Pを母親用として使わせることにしました。

関連記事:
ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入(その2)
ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入(その2)

ソフトバンクショップでほとんどタダ同然のバーゲンセールを見つけたので、父親用の携帯電話を1台見立てて、トランシーバー代わりに持たせることにしました。
機種は830Pです。残念ながら980円機種なので通話専用携帯にするつもりですが、パソコンのメールも触らない父が携帯でメールをするとは思えないので問題なしです。

気になるお値段は、
・あるクレジットカード(年会費永年無料)に新規加入する
「ただとも」プログラムを使用しない
・契約時フルオプション加入
という条件付きで、本体0円でした。
スパボ一括の場合、月月割(昔の特割)980円x24ヶ月付きですから、他社の一括0円とは訳が違います。
「ただとも」プログラムを使う場合は本体2,000円になりますが、後日5,000円の金券が戻ってくるので、本体が手に入った上に3,000円貰える計算に。

その他の経費は、
・契約事務手数料=2,835円
・ホワイトプラン基本料(今月分日割+来月分)=1,517円
・Wホワイト(今月分日割)=537円
・S!ベーシックパック(今月分日割+来月分)=464円
・パケットし放題(今月分日割)=564円
・25ヶ月分のユニバーサルサービス料=200円
合計で6,117円。差し引き3,117円のコストで25ヶ月維持できるので、ひと月あたり125円と出ました。

携帯電話のライトユーザーなら、コストを極小化する方法として、ソフトバンクのスパボ一括に勝るものはないと思われます。

引き続き、月月割1,280円の機種を物色中です。

関連記事: ソフトバンクのスパボ一括携帯を購入

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(3) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ