2015年11月27日

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その8



p.188
 介護事業所に支払われる介護報酬が約3%引き下げになるそうで、ただでさえ介護者たちは労働に見合わない薄給で働いているのに、さらに給料が減らされる可能性がある、という内容でした。
 あのー、介護って実際はほんとに重労働なんですけど、介護に対する社会の評価ってそんなもんなのか……と思うとやるせないです。
介護報酬なんて政府が懐具合に応じてテキトーに決めてるだけですから。決して、「介護報酬=社会の評価」では無いと思います。

介護業界で賃金が労働に見合わなかったり、常に需要過多で供給が追いつかなかったりするのは、政府の価格統制や参入規制によって市場メカニズムが破壊されているから、ということに尽きます。医療や保育の問題もすべてそれが原因です。要は、日本は資本主義の外見をしているけれども、その中に決して小さくない規模の社会主義経済圏を内包する不思議な国なんです。

政府が価格統制をやめ、介護サービスの売り手と買い手が自由な価格で取引できるようになって初めて、その価格が「社会の評価」と言えるのではないでしょうか。

p.190
 私は定年っていう考え方にも無理があると思います。
 十把一絡げに65歳で定年といったって、健康状態も能力も希望も人それぞれですよね。
同感です。
他人が決めた一定の年齢に達するまで働くというのは、自分の人生を生きている気がしません。
関連記事:リタイアに理由は必要か

p.190-191
 私だったら、今のペースで死ぬまで現役で働かせていただきたいです。
(中略)
 そんなわけで、私の場合は、毎日働くとしんどいし、かといってまったく働かず社会との関わりがなくなるのも不安なので、週2日ぐらい働くのがちょうどいいみたいです。
ここは私のライフプランとの明確な相違点ですね。労働を細く長くやるのか、太く短くやるのかの違いです。
私の場合は、週2日労働と言えども、それが一生続くとなると「しんどい」と感じますね。肉体的な疲労や拘束時間は問題ないかもしれませんが、労務提供義務を負うことの精神的な負担は、週5日でも週2日でも大差無いように思います。

p.195
 思うに、隠居者というのは、意識的に社会との懸け橋を最低限に抑えて生きていくことを心がけている人のこと、ではないでしょうか。
 世のしがらみを自ずから断ち切り、自分の世界へとひきこもること。
 つまり、過剰に建設された世間との懸け橋を封鎖しつつ、自分との懸け橋を建設するわけです。
 破壊ではなく封鎖、というところがミソです。
なるほど、これがただのフリーターとは異なる点だそうです。
私にもほぼ当てはまっているので、ネガティブなイメージを刷り込まれた「無職」ではなく「隠居者」を名乗ればいいかもしれませんね。「早期リタイア」も一般的には今いちピンと来ない言葉みたいなので。

(つづく?)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その7



p.168
 この人たちの言う「自由」って、マネー資本主義社会の中だけの自由じゃん。
 お金がないと自由になれないなんて、超不自由!

 私がずっと知りたかったのは、お金がなくても自由になれる方法でした。
ここは本書で数少ない、同感じゃなかった箇所。
私の感想は逆で、お金があれば自由になれるなら、既に相当自由な社会だと思います。広い世界に目を向けると、お金があっても自由になれない人たちもいるということを、ちきりんさんの本を読んで知りました。

資本主義社会の外に出たら本当の自由があるはずだ、という思想の行き着く先は、それを試みてきた人類の歴史を見ればわかるように、自由とは程遠い社会でした。自由市場の存在を前提とする資本主義は、もともと個人の自由との親和性が非常に高いのです。結局、資本主義社会の様々なメリットを賢く利用し尽くすことが、個人がその短い人生の中で自由を獲得する最短コースではないかと思います。

関連ツイート。

(つづく?)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その6



p.149
 それに、人に言われたからっていうのはラクだけど、私は自分で何かを選ぶときの、誰のせいにもできない、後にもひけないシビれるような緊張感が好き。
 どんなにラクなのが信条でも、あの楽しさだけは譲れません。
 いつでもどこでも、なんでも自分で選びたいっ!
分かります。
自分で選んだ結果なら、もし失敗しても納得がいきます。

p.153
 さて、いざ東京に出てきて、何に驚いたって、生活するだけでお金が膨大にかかることでした。
 とにかく家賃が高い!
phaさんはこの状態を「毒の沼地」と表現していましたね。
そこを通らないと手に入らない何かがあるなら、ヒットポイントを減らしながらでも突っ込んでいく価値があるのでしょうが、東京でなくてもできることを東京でやる価値って何なんだろうと、いつも疑問に思っています。

p.154
 若い人に家賃や仕事の話をすると、結構な割合で「そんなのフツーじゃね?」と言われますが、断じてフツーじゃありません! 東京がおかしいんです!
同感。
私は東京に住んだことも東京で働いたことも無いので、実体験に基づく感想じゃないですけどね。ごく稀に用事があって東京を訪れると、人口密度が高すぎて息が詰まりそうになります。

人口減少時代だからこれからは都市部に集まって暮らしたほうがインフラなどの効率が良くなる、と言われてますが、集まるにしても限度ってものがあるでしょうと。限度を超えて人が集まりすぎた東京は全然効率が良くない街だと思います。

(つづく?)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その5



p.131
 こうして、だんだんと、アルバイト以外の時間をほぼひとりで過ごすようになっていきました。
 もともと自分といるのが快適なので、私にとってはとても自然なことだったのでしょう。
 ひとりで本を読んだり、ひとりで料理をしたり、ひとりで音楽を聴いたり、ひとりで映画を観たり……。
高校卒業後3年間は、こんな感じの生活だったそうです。
なぜか本人はこの時期をやや自虐的に「ひきこもり」だったと振り返っているのですが、客観的にはフリーターですよね。孤独好きのフリーター。何の問題もありません。

p.134
 誰にも会わず、外にも出かけず、ただひとりでいることに熱中するのは、どこまでも限りなく楽しい体験でした。
p.138
 誰にも会わずに、自分の好きなことだけをして終わっていく一日。まじサイコーです。
同感。孤独って本当に素晴らしいものだと思います。
人は放っておくと自然に孤独を求めるのか、それとも他者との交流を求めるのか。言い換えれば内向的か外向的か。同じ隠居系の生き方をしている人でも、ここで性格が大きく二分されると思うんですよ。大原さんや私は前者、phaさんや山崎寿人さんは後者という風に。

私は前者の性格の持ち主のほうが無職の適性が高いと思っています。
関連記事:早期リタイアと孤独

p.142
 そういうわけで、私の好きな言葉は「ハタチ過ぎたら人生引き算」。
(中略)
 今すぐやらなくていいことを、バシバシ引いていって、あとに残ったものからどうしても死ぬ前にやっておきたいことだけをするのです。
早死にリスクに備えるには最適な考え方だと思います。
正直、20歳からだと少し早過ぎるような気がする私は、もう少し長生きリスクにも備えておきたいというバランス感覚の持ち主だからです。

バランス感覚は人それぞれですが、長生きリスクを重視する一方で、早死にリスクは軽視(あるいは無視)するの人の方が、世の中には圧倒的に多い気がします。
関連記事:長生きリスクと早死にリスク

(つづく?)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

『20代で隠居 週休5日の快適生活』 大原扁理 (著) その4



p.64
 毎日あくせく働かなくても楽しく生きていくためには、お金のかからない、かつひとりでも没頭できる趣味を見つけるのが得策です。

 まずは読書です。
(中略)
 読書の際は、もっぱら図書館をフル活用します。
同意。基本中の基本ですね。
読書が趣味だと言えるような人なら、それだけで十分な無職適性があると思います。ほぼ必須条件に近いかも。無職系の人で読書に興味が無いと言っている人は見たことがありませんので。

大原さんは古本屋も活用されるようですが、私は図書館オンリーなので本当に一銭もかかりません。コストパフォーマンスは∞。

p.69
 少しお金はかかりますが、青春18きっぷを使って、日帰り温泉にもときどき行きます。
私も青春18きっぷは格安の移動手段としてたまに使います。
しかし春夏冬の繁忙期しか使えないのが最大の難点ですね。混んでいる時期に安くしたら混雑に拍車がかかるだけなのに…。
むしろ閑散期しか使えない「閑散18きっぷ」を作ってほしいんですが。

 隠居をしていると、平日が日曜日みたいなもんで、混んでいない日時を見計らって優雅に行けるのが嬉しいです。(中略)
 休日は混むので外に出たくありません。
 人ごみが嫌いなので、平日もできる限り通勤ラッシュの終わる9時以降に出かけ、帰宅ラッシュの始まる5時前に帰るように努めています。
同感。
満員電車、渋滞、人混みをほぼ完全回避できる選択肢を持っていることは嬉しいですね。できるだけ混雑に参加しないようにするのは、時間リッチな人だからこそできる社会貢献の一つだと思います。

最近は3連休がやたら多くなってきて、隠居の身としては逆に自由に過ごせる平日がどんどん減らされて悲しいです。休みの取り方まで「みんないっしょ主義」が刷り込まれている日本社会、何とかならないものでしょうか。

(つづく)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ