2017年01月10日

『29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた』 ITTIN (著) その1



図書館で予約して忘れた頃に回ってきました。著者はこちらのブログでお馴染みのITTINさんです。以前からブログは拝読しているのでほぼ違和感なく読めました。

p.41
現金と預貯金だけで資産を持っている状態、つまり「何もしない」という選択をした状態は、言うなれば「資産の全てを日本円に全力で一括投資をしている状態」のように私には思えました。
同意。
日本円や日本国債への投資は決してノーリスクではないのですが、それらは一般に「無リスク資産」などと呼ばれているので誤解している人も少なくないと思います。

日本円に限らず現預金の何が怖いかというと、政府の通貨政策、金融政策のさじ加減ひとつで価値をコントロールされてしまうことです。理論的には、銀行預金の金利が市場原理の下で完全に自由に決まるのであれば預金金利もインフレ率に追従するはずですが、いま目の前でアベノミクスのマイナス金利政策が行われている例があるように、実際には政府が介入して市場を歪め、金利を誘導したりすることが行われやすいのです。通貨が持つこの性質は非常に気持ち悪く、長期保有するには向いていない資産クラスだと思います。

p.43
私は世界分散投資をしています。
世界中の株式、世界中の債券、世界中の不動産(REIT=不動産投資信託)、そして日本円。
(中略)
世界のどこかで何かが起きても、私の資産が守れるようにです。
同じく。
現預金以外の資産クラスであれば、政府の介入によって価値がコントロールされることは起こりにくく、市場原理の下で適正な価格が形成されやすくなります。

そして、株式という資産クラスを持つと決めたら、世界中のすべての株式に分散する市場ポートフォリオが最も合理的な選択となります。もっとも、すべての株式と言っても限界があるのでそれに近いもので十分なのですが。

関連ツイート:

(つづく)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年末の資産残高推移

年に一度の資産残高集計を済ませました。

資産残高推移2016.png

2016年の資産残高の変動は、JPYベース(青線)でマイナス1.7%、USDベース(赤線)でプラス1.1%となりました。株価も為替もそこそこ変動があったようですが、終わってみれば私の名目資産残高はほとんど変わらず。至って平穏な1年だったと言えるでしょう。最近は円安円安と騒がれているけど、1年前は1ドル120円だったので今年の方がまだ円高なんですよね。

年間支出は去年より11%増。明らかに資産過多の状態を解消すべく、財布の紐を緩め始めた結果だと思います。

リタイアした年である2007年からのデータを並べてみましょう。
2007年: +6.8%
2008年: -37.4%
2009年: +17.3%
2010年: -4.7% 年齢+ACR=77
2011年: -13.7% 年齢+ACR=76
2012年: +19.2% 年齢+ACR=89
2013年: +31.5% 年齢+ACR=106
2014年: +15.4% 年齢+ACR=120
2015年: -1.0% 年齢+ACR=126
2016年: -1.7% 年齢+ACR=118

ちなみに、私の余命をやや多めに40年と見積もった場合でも、人生の時間残高はこの1年で2.5%減少したことになります。お金が減るより速いペースで人生の残り時間が減少していることを実感せずにはいられません。

1年前の記事。
年に一度の残高集計の時期になりました。 去年の記事はこちら⇛2014年末の資産残高推移 今年の資産残高はJPYベース(青線)で−1.0%という結果になりました。 赤線はUSD換算した資産残高推移で、今年…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』 岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)



アマゾンのレビューでは非常に評価が高い本です。
しかし、リタイア後は勿論のこと、会社員時代にも対人関係であれこれ悩んだ記憶が無い私にとっては、全くミスマッチな内容の本でした。

こういう悩みならこう考えればいい、という示唆に富んでいるらしいのですが、どれもこれもピンとこないものばかりで、逆になぜそんな回りくどい思考法で解決しようとするのか分かりませんでした。もっとシンプルに、人は人、自分は自分、という考え方では解決できないのだろうかと、謎が深まるばかり。

こんな複雑な思考法を取り入れないと悩みが解決しない人たちも少なくない事を、アマゾンのレビューを見て知ったのが唯一の収穫でした。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

プロフィールを更新

ブログ開設以来8年半、更新した記憶がない左サイドバーの「自己紹介」を更新してみました。

「40歳で会社員生活をリタイアして以来、毎日遊んで暮らしています。」

普段何気なく使う「遊ぶ」という動詞が実はたいへん便利な言葉でして、
あそぶ【遊ぶ】とは。意味や解説、類語。[動バ五(四)]1 スポーツ・趣味など好きなことをして楽しい時間を過ごす。「野球をして遊ぶ」「よく学び、よく遊べ」2 何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して遊んでいる」3 飲酒・色事・ギャンブルなどに身を入れる。遊興する。「遊ぶ金欲しさに盗みをはたらく」4 労力・機械・土地などが有効に使われずに捨て置かれる。「手が遊んでいる」「遊んでいる資本」5 (「…にあ... - goo国語辞書は27万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。
dictionary.goo.ne.jp
これだけ多くの意味を含んでいるのですね。特に、
2 何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して遊んでいる」
何かをすることだけでなく、何もしないことも「遊ぶ」うちに入っているわけで、リタイア後の私のライフスタイルを表現するのにこれ以上最適な言葉は無いんじゃなかろうかと、改めて感じました。「遊民」とは我ながらぴったりのハンドルネームを選んだものだと、8年前の自分を褒めてやりたいです。

さらには先日記事にした「貯株」を早速使わせてもらったのと、水瀬さんのツイートを参考に資産運用の方針についても加筆しました。

参考ツイート:


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

当ブログでは双方の合意に基づく相互リンクの手続きは採用しておりません

昨日、3年ぶりに相互リンクの申込が来ました。

たいへん申し訳ないのですが、当ブログでは双方の合意に基づく相互リンクの手続きは採用しておりません。相互リンクページも元からありませんし、当初は存在したサイドバーの通常リンクもずいぶん前に削除しています。他サイトへのリンクは記事内からの引用や参照と、右サイドバーのアクセスランキングだけで必要十分だと思っています。

初見の方にもわかるように、ブログタイトルの下の説明文に書いておきました。ついでに「新米」の2文字も削除。さすがに無職歴が10年近いのにいつまでも「新米高等遊民」じゃ偽りすぎだろうと…。

関連記事:
ブログ同士のつながりの一形態として、「相互リンク」と呼ばれるものがあります。 相互リンク - Wikipedia:相互リンク(そうごリンク)とは、2つのウェブサイト間で互いに(相互的に)リンクし合う状態を表すインターネットスラングのひとつ。これについての当ブログのポリシーを、今更ながら表明してお…
koutou-yumin.seesaa.net
レバレッジ投資実践日記のレバレッジ君さんからコメントを頂きました。ありがとうございます。よろしければ、弊ブログ「レバレッジ投資実践日記」と相互リンクお願いできないでしょうか。 なお、当方ではリンク済です。私も時々拝見しています。 たいへん申し訳ないのですが、当ブログでは双方の合意に基づく相互リンクの手続きは採用しておりま…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ