2016年12月11日

当ブログでは双方の合意に基づく相互リンクの手続きは採用しておりません

昨日、3年ぶりに相互リンクの申込が来ました。

たいへん申し訳ないのですが、当ブログでは双方の合意に基づく相互リンクの手続きは採用しておりません。相互リンクページも元からありませんし、当初は存在したサイドバーの通常リンクもずいぶん前に削除しています。他サイトへのリンクは記事内からの引用や参照と、右サイドバーのアクセスランキングだけで必要十分だと思っています。

初見の方にもわかるように、ブログタイトルの下の説明文に書いておきました。ついでに「新米」の2文字も削除。さすがに無職歴が10年近いのにいつまでも「新米高等遊民」じゃ偽りすぎだろうと…。

関連記事:
ブログ同士のつながりの一形態として、「相互リンク」と呼ばれるものがあります。 相互リンク - Wikipedia:相互リンク(そうごリンク)とは、2つのウェブサイト間で互いに(相互的に)リンクし合う状態を表すインターネットスラングのひとつ。これについての当ブログのポリシーを、今更ながら表明してお…
koutou-yumin.seesaa.net
レバレッジ投資実践日記のレバレッジ君さんからコメントを頂きました。ありがとうございます。よろしければ、弊ブログ「レバレッジ投資実践日記」と相互リンクお願いできないでしょうか。 なお、当方ではリンク済です。私も時々拝見しています。 たいへん申し訳ないのですが、当ブログでは双方の合意に基づく相互リンクの手続きは採用しておりま…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

「貯株」という表現がとてもしっくり来る

yutoさんのブログより。
私の中で一つ不思議なことがあります。それは、読んでるとムカついてその人の言い回しにイライラするブログがあるのですが、ついつい読んでしまいます。これまでアンチ巨人の人とか嫌いなら見なきゃいいのに、といつも思っていましたが、同じような状況だと思います。。何に
blog.livedoor.jp
1998年から、インデックスファンドをドルコスト平均法で毎月定額購入して、売却せず、ただただ貯株しています。
ブログ歴はまだ2年余りのようですが、インデックス投資歴は既に18年にもなる大先輩でした。

1998年に私は何をしていたのかよく覚えていませんが、自宅マンションを購入して間もない時期だったので住宅ローンを返済しつつ、投資は自社株の持株会だけという時代だったかも。優待狙いの個別株に手を出し始めたのがもう少し後で、インデックス投資という王道の存在を知るのはさらにその後だったはずです。

話が逸れましたが、この「貯株」という表現が気に入りました。「貯金」の「金」を「株」に置き換えただけなのですが、ワタシ的には非常にしっくり来ます。私の感覚では、投資や資産運用ってそんな特別な事じゃなくて、銀行口座にお金を預けるのと同じように、証券口座に株を預けているだけのことなので。

また、世間的には「株式投資」という言葉のイメージが短期的なトレーディングの意味に偏っているフシがあり、ただ資産を株式で持っているだけなのに「あの人は株をやっている」みたいな表現をされることに、大きな違和感がありました。株って「やる」もんじゃないですよと小一時間説教したくなります。

これからは、「貯株してるんです。貯金と同じように、株を貯めているだけなんですよ。」と言えば、少なくとも日々忙しくトレーディングをしているという誤解からは解放されるでしょう。無職なのにどうやって暮らしてるんですか?と聞かれた場合でも、「貯株を少しずつ下ろして生活しています。」と答えるだけで嘘偽りなく説明できるので大変便利です。

余談。
ブログを書き始めてから、なんとなく、個人情報を小出しにしてきたが、ここでは誰にもまったく公開したことのない私の金融資産推移を晒してみることにしました。年  金融資産  通算損益1998  6,718,806  -785,5461999 13,593,500  4,285.4442000 10,239,052  1,297,4
blog.livedoor.jp
1998 6,718,806 -785,546
1999 13,593,500 4,285.444
2000 10,239,052 1,297,464
2001 19,591,427 4,059,901
2002 14,352,136 1,310 439
2003 12,881,353 6,371,162
2004 14,379,599 8,306,950
2005 26,306,517 17,253,683
2006 17,622,014 15,670,193 ⇒マンション購入の為換金
2007 15,443,616 13,584,042
2008 9,124,288 4,927,114 ⇒サブプライム問題、リーマンショック
2009 11,095,410 5,764,440
2010 14,338,417 7,071,828
2011 17,138,324 7,187,514
2012 21,307,509 9,240,684
2013 41,442,469 27,279,763 ⇒アベノミクス!
2014 46,337,046 30,542,340 ⇒黒田バズーカ2!
2014年の行から計算すると、16年間の積立貯株のトータルリターンがプラス193%と出ました。積立てたお金がほぼ3倍になってます。 日本株インデックスのリターンより遥か上を行っていますので、個別株の中にホームラン銘柄でもあったのかもしれませんね。

いずれにせよ、暴落にも動揺せず毎年淡々と積立てるだけでこれだけのリターンを叩き出したという事実は、ほったらかし投資派にとって朗報です。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

「○○は負債だから他人に負担を押し付けよう」という発想は恐ろしい

AKIさんのブログより。
先日書いたお金持ちになりたいなら子供は作るな!がツイッター上を賑わせてしまったようです。どうも皆さんが「子供は負債」という言葉に激しく反応したようです。確かに、子供は負債とは書きましたが、そこは重要なとこではなかったんですよね。そこは文章の起承転
growth-stock.blog.jp
一方、子供が1人いるということは、2000万円以上という明確な金額の負債を抱え込んでいることは確定なわけです。
(中略)
やっぱり子供って負債としか言いようがない・・・。
ここは同意。
しかし「子供は負債」かどうかを巡って論争する事は全くの無駄だと思いますね。負債だろうが資産だろうが、「子供が欲しい人は作ればいい」という当たり前の結論があるだけです。

どうやったら、高齢者が負債とならないか?
そこで生み出されたものが年金です。
年金というお金の手当てを施すことで、人は負債である高齢者に対処をしました。
因果関係の捉え方が完全に逆じゃないですか?
公的年金制度が無かった頃は、自分の老親が経済的に自立できない場合だけ限定的に扶養義務を負うだけで済んでいたのに、公的年金制度が導入されたことによって、高齢者(公的年金など無くても生きていける人も含めて)一人ひとりが、赤の他人も含めた現役世代全員の「負債」になってしまったわけでして。

現役世代から老齢世代へ仕送りをする構造の公的年金制度は、負債を手当てするどころかむしろ負債を拡大、拡散したと言うべきでしょう。

子供は負債、そう考えると負債とならないための対策も見えてきます。
例えば高齢者同様、お金を配ればいい。
前述の年金制度と同じく、「お金を手当すれば負債じゃなくなる」というロジックは破綻しています。

それに、「お金を配ればいい」などと軽々しくおっしゃいますが、お金は天から降ってきません。賛同者を集めて寄付を募るという話であれば何も問題はありませんが…。

国民全体から少子化対策費を徴収し、少子化に歯止めをかける。
目標とする出生率は2.1
出生率2.1を達成するために、ヒト・モノ・カネの物量投入を行います。
これがAKIの成長戦略!
案の定、当然のように税金を徴収するという流れになっていくのを見て戦慄を覚えました。言っている事は要するに「俺が考える正義(出生率2.1)の実現のために、みんなからカネを奪おう」ですよ。

AKIさんのように「少子化を止めることが正義」だと思う人がいるのと同じように、私のように「そもそも少子化を問題視することが問題なのであり、少子化対策をしないことが正義」だと思う人もいるわけです。自分とは180度価値観の異なる他人の正義の実現のために、公権力という暴力装置で脅されて「カネを出せ!」と言われる人の身にもなっていただければ幸いです。

関連ツイート:


関連記事:
先日ツイッターでコメントしたこの記事について。 病名は「超少子化」ではなく「社会保障依存症」が正しい。誤診に基づく処方箋は逆効果。制度の破綻は社会の破綻ではない。“日本は、死に至る病にかかっている。超少子化だ。”【参院選】日本はじんわりと滅ぶのか 「超少子化」という死に至る病
koutou-yumin.seesaa.net
東京都議会議員おときた氏の公式サイトにこんな記事がありました。 【メモ】3人目以降の保育無料←1人目から無料にした方がいいんじゃ… | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト:保育士不足の解消策といい、どうにも政府がいま打ってくる手は すべて的はずれなもののように思えてなりません。その通りです。 保育士不足の件で言えば、問…
koutou-yumin.seesaa.net
保育園落ちた日本死ね!!!何なんだよ日本。一億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍…
koutou-yumin.seesaa.net
Rootportさんのブログより。 いま失敗すれば、日本終了。 - デマこい! 読んでもらえばわかりますが、少子化を止めて子供を増やそうと叫ぶ内容です。 正直、私は読みながら違和感を禁じえませんでした。 現在の日本では現役世代2.4人で老人1人を養っている。しかし、2050年にはこれが半分になり、現役1.2人で老人1人を支えることになる…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

「公的年金を損得で考えてはいけない」という暴論

菟道りんたろうさんのブログより。
個人投資家の視点から投資信託やETFを使った国際分散投資についての考察と実践方法を研究するブログです。
arts-investment.blogspot.jp
公的年金制度について議論すると、すぐに「現役世代は損をしている」といった発言が飛び出し、なかには「自分で運用して老後に備えるから、これまで徴収した保険料を返して公的年金制度を廃止しろ」といった頭の悪い暴論まで口にする人がいます。こういった議論は、ほとんどが年金制度を“損得勘定”で考えているからのですが、これが大きな勘違いなのです。そういう誤解を解きほぐす意味で、山崎俊輔さんが素晴らしい論考を書いていました。
公的年金制度を損得勘定で批評することが「頭の悪い」ことだとは思いませんし、現行制度の下では「現役世代は損をしている」のも事実ですから、これが「大きな勘違い」という指摘も的外れだと思います。

リンク先の山崎俊輔氏の論考ですが、既視感が強い内容だと思ったら、4年前にも日経によく似た内容の記事を書いていた方でした。前回同様、今回の連載記事も全力で公的年金制度を持ち上げる内容であり、まるで厚労省制作のプロモーションビデオを見ているような、たいへん気持ちの悪い読後感を覚えました。関連記事:
NightWalkerさんのブログにこんな記事がありました。 「年金は払い損」と考えるのは間違い: NightWalker's Investment Blog 日経の元記事を読んでみたらなんとも言えない違和感が…。 ■年金は働けないとき所得を補う社会保障で…
koutou-yumin.seesaa.net


そもそも公的年金は、健康保険や介護保険と同じく社会保険の一種ですから、あくまで「保険」です。保険である以上、最初から損得勘定で論じてはいけないのです。
保険でも損得勘定で論じることは一向に構わないでしょう。むしろ、保険だけは損得勘定で論じないという考え方は不合理です。

同じ金融商品でも投資信託のコストなら0.01%の差にもあれほど敏感なのに、保険というカテゴリーになった瞬間にいきなり「損得で論じてはいけない」というレベルまで落ちてしまう、この激しい落差はどこから生まれるのでしょうか。これではまるで、超高コストの生命保険を売りに来る保険会社のセールスパーソンの話術と同じじゃないですか。

極論すれば、保険は損に決まっているからです。
損に決まっているのだとしても、その損の程度を無視してよいことにはなりません。公的年金の世代間格差については、世代によって期待リターンが大幅に違う事が問題なのであり、それがマイナス1%なのかマイナス50%なのかによって全く違う評価になるのは当然です。大雑把に「損」という側面だけを見て一括りにする論法こそ、「暴論」と呼ぶに相応しいでしょう。

参考記事:
公的年金をしっかりと払い続けていれば、資金の心配なく、悠々自適な老後を送ることができる。公的年金制度が開始された頃、多くの人はそう信じて毎月の保険料を納め、老後に備え始めました。事実、現在75歳以上の
www.minnanokaigo.com

(つづく?)

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

Brastel 050Free

山田 譲さんのブログより。
海外で活動していて困ることの一つが 0120フリーダイヤルに電話できないことです。 0120の番号しか載せていない日本の  ・ネット・実店舗 だけでなく、  ・ネットバンク・FXなどの金融機関のサービス に、問合せできないのです。〓   ※スカイプや他の同様のサービスだけでなく     海外ケイタイ…
kaigaisokin.seesaa.net
海外在住者だけでなく、日本在住者、特に固定電話を契約していない人にも耳寄りな情報です。

先発のIP電話サービスであるスカイプやSmarTalkではフリーダイヤルへ発信できないので、今までは近所の公衆電話を利用するしかありませんでしたが、この記事で紹介されているBrastelの050Freeというサービスを使えば0120へも発信することができます。

このようなトラブルから解放されるため、
海外に出かける前に
ぜひ1枚ブラステルカードを用意しましょう。
とありますが、SMS着信可能な電話番号を持っている場合はブラステルカードは必要ありません。初期費用は完全無料です。

参考記事:私も早速手持ちのタブレットにインストールして、0120へ発信可能なことを確認しました。

ただ、050Freeは不在着信通知や留守電機能がないので、今のところはフリーダイヤルへの発信専用と考えてます。自宅電話番号を書く必要があるケースでは引き続きSmarTalkの番号を使うことになりそうです。

こうして固定電話でしかできないことが減っていくと、たとえ月額300円でも基本料金払って固定電話を引く意味がどんどん薄れていきますね。大変喜ばしいことです。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ