2016年07月08日

資産運用の王道は配当ではなくて…

cubさんのツイートより。
他の資産クラスと比較した株式の優位性については同意。ただ、なぜ「配当」限定なのかなと思った次第です。配当に限定せずに「株式こそ資産運用の王道」と呟いてくれたら全面同意だったのですが…。

で、私のコメント。


同じタイミングで菟道りんたろうさんのブログにこんな記事が。世間は配当ブームなんですかね…。
株式投資のリターンは
キャピタルゲイン+インカムゲインーコスト
のトータルで決まるもので、どの要素も等しく重要です。特に、キャピタルゲインとインカムゲインを区別するのは、(課税のタイミング以外には)合理的な理由は無いと思います。インカムゲインの方が定期的に特別な収入があるような気がして何となく嬉しいとか、あくまでも気分の問題じゃないかと。

インカムゲインである配当だけを特別視して資産運用の中心に据えることが王道だ!と言われると、どうも違和感がありますね。配当利回りとか関係なしに、広く分散された市場ポートフォリオで淡々とパッシブ運用することが、資産運用の王道だと思います。

関連記事:

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

日本政治.comの投票マッチングをやってみたところ、驚きの結果に

nihonseiji.com
こちらです。
20問の質問にサクサク答えていき、最後に特に重要だと思う項目を3つ選択します。

するとこんな結果が出ました。

日本政治.com - http___nihonseiji.com_votematches_1_result.png

ええっ!? 社民党?? さらに次点が共産党??

ありえない…

この結果から見えてくるのは、自由主義、小さな政府を支持する人にマッチする政党が、日本には存在しないということでしょうね。

日本では選挙に行っても、社会主義、大きな政府を目指す(維持する)メニューしか選べないという、目を背けたくなるような現実を再確認できました。

関連記事:
かえるさんのブログで紹介されていた政治ポジションテストが面白そうなのでやってみました。 結果は、「リベラルかつ小さな政府を目指すタイプ」でした。
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

日本社会の病名は「超少子化」ではなく「社会保障依存症」

先日ツイッターでコメントしたこの記事について。

タイトルからして既に超少子化を死に至る病などと診断して悪と決めつけており、それを解決しない限り日本が滅ぶかのように煽る内容はさらに酷いと思います。

そもそも少子化によって人口減少へと向かう現象は今回が初めてではありません。長い日本の歴史の中では何度か経験している事です。参考記事:そのたびにいちいち日本が滅んでいたのかと、元記事書いた人に問いたいですね。

「未来に何を残せるのか。世代間の戦いにしてはならない」
www.buzzfeed.com
日本は、死に至る病にかかっている。超少子化だ。このままでは人口は減り、高齢化はさらに進み、社会は破綻する。
社会が破綻するんじゃなくて、社会保障制度が破綻するだけでは? なぜ破綻するかと言えば、現役世代が老人世代を支える賦課方式の制度では、人口動態変動リスクを全力で取っているからです。

制度と社会は別物です。社会保障制度がそれ自身の欠陥によって破綻しても、社会は存続するのでは?

関連ツイート:
現行の社会保障制度の破綻=社会の破綻
と思い込んでいる人は、そんな制度がまだ無かった時代のことを忘れているのではありませんか。そしてたまたま今の時代に存在しているだけの、高々数十年の歴史しかない制度なのに、それがこの先もずっと持続しなければ誰も生きていける人は居ないなんていう、壮大な勘違いをしているのでは。

制度が無ければ無いで、人はちゃんと生きてゆけます。制度が破綻したら生きてゆけなくなるのは、それに依存する気満々な人だけです。どんどん依存しなさいと、今までさんざん煽ってきた政府が一番悪いのは当然として、それを信じて依存する方にも責任はあります。

なので、日本社会さんの正しい診察結果は「社会保障依存症」と出ました。「超少子化」なんていう誤診によって出された処方箋はすべて捨てておきますので、依存症の治療に専念してください。

今年2月には「保育園落ちた日本死ね」のブログで、子育て支援のあり方が改めて脚光を浴びた。それから初の国政選挙となる参院選。だが、少子化をめぐる議論は盛り上がっていない。
むしろあんなあからさまな煽り記事ひとつで、少子化がどうのこうのと盛り上がれる社会の方が気持ち悪いです。

番組では2万人の視聴者にアンケートをとった。「少子化対策に新たな負担はありか、なしか」。結果は「あり」が8割だった。
正気の沙汰じゃないですね。既に国民負担率が43.4%(過去最高)に達しているこの国で、さらなる負担増を容認するなんて…。

関連記事:
以前から不思議に思っていることの一つが、自らドケチを名乗るmushoku2006さんが消費税増税を支持していること。ドケチにあるまじき行為。(笑) 資産課税のような後出しジャンケンが許されないことについては意見が一致するんですけどね。 過去の行為についての税金は勘弁して欲しい 2 : 年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記:…
koutou-yumin.seesaa.net


ここでも、「医療・年金(高齢化対策)」>「子育て支援(少子化対策)」だ。
どっちを優先するかなんて議論は、他人の金にたかる気満々のタックスイーター同士の醜い争いでしかないんですよ。仮にこの結果が逆になったとしても、他人の金で子育てを支援するという考え方自体がおかしいことに変わりはありません。

関連記事:
東京都議会議員おときた氏の公式サイトにこんな記事がありました。 【メモ】3人目以降の保育無料←1人目から無料にした方がいいんじゃ… | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト:保育士不足の解消策といい、どうにも政府がいま打ってくる手は すべて的はずれなもののように思えてなりません。その通りです。 保育士不足の件で言えば、問…
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

フィードリーダーを減量中

気が付けばFeedlyで購読中のブログが軽く500を超えていました。今までは広く浅く面白そうなものを追加してきましたが、これだけ肥大化が進んで1日にフィードされてくる記事数が軽く100個とかになってくると、さすがにもうお腹いっぱいです。一つ一つ丁寧に読んでいるとそれだけで半日が終わるぐらいの勢いです。会社員時代にメールの山に埋もれ、朝から処理に追われていた日々を思い出します。

というわけで、少しずつ減量することにしました。

Feedlyには、Saved for later というマーク(Google Readerの☆のようなもの)を付ける機能があり、響いた記事や引っかかった記事などにはマークを付けるようにしています。購読しているブログごとに過去のフィードをリストしたとき、更新が止まっていないにもかかわらず、1年以上前からマークが付いた記事がないブログは、ひとまず購読解除することにしました。

関連記事:
フィードリーダーをGoogle ReaderからFeedlyに乗り換えたのは、いつのことだったか…。
koutou-yumin.seesaa.net


この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

『ロートレック荘事件』 筒井 康隆 (著)



昔から小説はほとんど読まないのですが、たまには頭の体操にミステリーものを読むのも悪く無いですね。

終盤の種明かしまで辿り着いたとき、「えっ?」ってなりました。作者が仕組んだ叙述トリックにこれほど綺麗に引っかかるなんて、なんて素直な読者なんでしょう。(笑)

思い込みって怖いですね。

読んでみようと思った方は、ネタバレしてしまうと全く面白くないのでアマゾンのレビューなどは先に読まないほうがいいでしょう。疑り深く読むより気持ちよく騙されることをお勧めします。

この記事に拍手する

人気ブログランキングへ
posted by 遊民 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ブログパーツ